麻生区版 掲載号:2022年3月18日号 エリアトップへ

議会報告 再開発に市の主体性と市民の声を みらい川崎市議会議員団 あまがさ裕治

掲載号:2022年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 新百合ヶ丘駅周辺のまちづくりが始まってから45年の月日が経ちます。同駅エリアは、横浜市高速鉄道3号線の延伸事業(あざみ野〜新百合ヶ丘)によって、再開発の動きが活発化することは必至です。

 麻生区役所のある新百合ヶ丘駅北口エリアの再開発については、バスロータリー機能の分担を含め再開発区域の内容や範囲について、区民からもさまざまな意見が聞かれており、動向が注目されます。駅周辺のまちづくり方針は今年度中に策定を予定していました。

 3月議会定例会の予算審査で、市に方針策定の考え方を質問しました。市からは「新型コロナの収束が見通せない中、将来の社会変容を捉えた方針の策定は難しい。地権者らとの意見交換や意見聴取を踏まえ、現在、今後のまちづくりを検討する視点や進め方を『基本的な考え方』として取りまとめている」と答弁がありました。

 また、まちづくり方針策定の深度については、「地下鉄延伸を機に土地利用誘導や交通環境改善を図る必要があると考えており、新たなまちづくりに本市が担う役割は非常に大きいものと認識している。地域と行政が一体となり議論を深め、取り組みを進めていく」との見解を示しています。

区役所の老朽化対策は

 麻生区役所の建物自体は築40年と、現存の区役所として最も古くなっていることから、建物の老朽化に対する再整備について麻生区長に尋ねました。「2020年〜21年にトイレの全面リニューアル、21年度に外壁の全面改修を行うなど、適切に修繕・補修を行っている。地下鉄の延伸は新たなまちづくりの契機となることから、施設更新などのハード面や区に求められる機能面について、資産マネジメントの考え方等を踏まえ、町内会・自治会をはじめ広く区民の声を聞いていく」とのことです。

 想定される北口の再開発区域の5割近くを公益用地が占める可能性を考えれば、川崎市は、他の関係権利者とともに主体的役割を果たさねばなりません。同時に、大きな経済活性化が期待されることもあり、まちづくり方針の策定には、民間事業者や市民の意見を最大限取り入れ方向性が決まり次第柔軟に策定することが確認できました。

川崎市議会議員 雨笠裕治

麻生区高石3-27-4

TEL:044-955-2417

http://www.e-amagasa.net/

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

気になる「空き家」ありますか?〜まちづくり委員会・北九州市の視察から〜

市政報告

気になる「空き家」ありますか?〜まちづくり委員会・北九州市の視察から〜

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

6月10日号

会派要望を実現!!

市議会報告 みらい川崎市議会議員団 Vol.22

会派要望を実現!!

令和4年度予算で

3月25日号

選挙公報の不適切な事務執行に“喝”!

令和4年度予算審査特別委員会報告 連載94

選挙公報の不適切な事務執行に“喝”!

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

3月25日号

中学卒業までの小児医療費助成の実現を〜現状は一都三県(全市町村)で最低〜

市政報告

中学卒業までの小児医療費助成の実現を〜現状は一都三県(全市町村)で最低〜

日本共産党川崎市議団 かつまたみつえ

3月25日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心に響くシャンソンを

心に響くシャンソンを

市民サークルが発表会

6月29日~6月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook