麻生区版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

新百合ヶ丘 南口側にテニス練習場 住宅展示場の跡地に

社会

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena
テニススクール予定地
テニススクール予定地

 新百合ヶ丘駅南口近く、5月で営業終了した住宅展示場の跡地に、今秋、屋内型テニススクールができることが、このほど本紙の取材で分かった。土地の契約更新に伴うもので、周辺店舗は来客の相乗効果に期待する。

 建設が予定されているのは「(仮称)RECインドアテニススクール新百合ヶ丘校」。事業者は首都圏でスポーツ施設を運営する(株)レック興発(東京都)。事業計画によると、カフェ、貸しスペースなどの「しんゆり交流空間リリオス」に隣接する区画に、クラブハウスとコート3面が作られる。工期は7月から10月末までを予定する。

 完成予定地は、かつて住宅展示場「新百合ケ丘ハウジングギャラリー」のモデルハウスが並び、先月までは展示場の駐車場だった。歩道を挟んだエリアでは、各住宅メーカーのモデルハウスが解体されており、今後の利活用は公表されていない(6月7日現在)。

 展示場のあった土地一帯は、新百合丘農住都市開発(株)(万福寺)が管理し、土地の契約が6月末までだった。(一財)川崎新都心街づくり財団(同)が運営する「リリオス」は今後も継続する。

「周辺活性に期待」

 同展示場は1983年にオープンし、39年にわたり営業。新百合ヶ丘駅近くというアクセスの良さもあり、駅前で行われる「しんゆりフェスティバル・マルシェ」のサブ会場になるなど、イベントにも活用されていた。

 建設予定地の横、リリオスのスタッフは「これまで解体工事の音が気になるときもあり、工事現場も出入り口と近く、利用者に影響がないか心配」と話す。一方で、完成後は「地域イベントの協力やスクール会員がカフェに寄ってくれるなど活性化につながれば」と相乗効果も期待する。

解体が進む現場
解体が進む現場

麻生区版のトップニュース最新6

野菜絵本で「農育」

岡上アグリ・リゾート

野菜絵本で「農育」 教育

区内84カ所に寄贈

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 経済

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

片平川で「ご近所アート」

市民団体

片平川で「ご近所アート」 文化

遊歩道に展示場所誕生

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

南口側にテニス練習場

新百合ヶ丘

南口側にテニス練習場 社会

住宅展示場の跡地に

6月10日号

道路脇に特定外来生物

区内各所

道路脇に特定外来生物 社会

市「持ち帰らないで」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心に響くシャンソンを

心に響くシャンソンを

市民サークルが発表会

6月29日~6月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook