麻生区版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

川崎商議所 観光研究会を発足 市制100年、インバウンド見据え

経済

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena
研究会を立ち上げた阿部勝さん
研究会を立ち上げた阿部勝さん

 川崎商工会議所のサービス業部会が「川崎観光研究会」を立ち上げた。2年後の市制100周年を見据え、「観光や文化を盛り上げて経済活性につなげていきたい」と阿部勝部会長は意気込む。

 全国各地の商工会議所には、地域の観光や文化を盛り上げる部会などが設置され、様々な取り組みが行われている。こうした中、阿部さんは、アフターコロナの川崎を展望。多摩川を挟んだ場所にある羽田空港では観光客の受け入れ再開による利用者が増加し、今年3月に開通した多摩川スカイブリッジ効果などでインバウンド需要が高まるとの見方を示す。加えて、2024年に迎える市制100周年は、市内の様々な人や文化が交流する契機となることから、研究会の設立を構想。今春、部会内での承認を経て、連休明けに公表した。

まずは組織作り

 市内には川崎大師平間寺、生田緑地などの観光名所やミューザ川崎シンフォニーホール、川崎浮世絵ギャラリーといった文化施設があり、サッカーJリーグ・川崎フロンターレや男子バスケットボールBリーグ1部・川崎ブレイブサンダースといったスポーツゲームが行われている。とはいえ「市内の観光・文化のポテンシャル(可能性)をまだ、まだ、引き出し切れていない」と、阿部さんの目には映る。

 今後は組織作りに着手。サービス業部会内には、ホテル業や旅行業など観光文化に関連する企業も複数社が所属。まちづくりに関わる若手経営者も同商議所にいることから、そうした人たちのアイデアを平場に出し、活発な意見交換を図りながら「観光・文化都市 かわさき」を作り上げていきたいという。また、川崎市観光協会や川崎市文化財団、川崎市スポーツ協会といった団体との連携も視野に入れる。

「できることから」

 今年度について、阿部さんは「できることから始めていきたい」とも強調する。「実現できるかは検討が必要」と前置きした上で、写真展や小中学生を対象にした絵画コンクール、マラソン大会への後援、商工会議所賞の創設などを手始めにできる例として挙げる。後援名義については「商工会議所をPRする機会にもなる」とも述べた。

麻生区版のローカルニュース最新6

今年は一般参列可

琴平神社

今年は一般参列可 社会

30日 夏越の大祓

6月24日号

国際ピアノコンで1位、2位

国際ピアノコンで1位、2位 文化

昭和音大の黒木さん、古海(ふるみ)さん

6月24日号

楽芸会の出演募集

楽芸会の出演募集 文化

11月 やまゆり

6月24日号

親子で生き物観察

親子で生き物観察 社会

30人参加 鶴見川体験学習

6月24日号

「9区」麻生・多摩のみに

「9区」麻生・多摩のみに 政治

衆議院区割り案

6月24日号

午後のひと時 演奏配信

午後のひと時 演奏配信 文化

病院職員による「音楽部」

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心に響くシャンソンを

心に響くシャンソンを

市民サークルが発表会

6月29日~6月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook