麻生区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

エコガーデンはるひ野の代表を務める 相馬 直子さん はるひ野在住 70歳

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena

町内彩る花壇づくりを

 ○…東京オリンピック・パラリンピックから着想を得た「植物の多様性と協調性」がテーマの花壇の作り上げ、「わがまち花と緑のコンクール」の団体部門で大賞を受賞。多様性を表す24種類の花は、植え方や咲く時期がバラバラで、これまで手掛けた中でも一番大変な花壇だった。「いつかは受賞したいと思っていたので、うれしい」と顔がほころぶ。

 ○…夫の仕事の都合で転勤族だったが、定年退職後に住み続けられる場所をと選んだ地がはるひ野だった。「歩くのが好きで、近くによこやまの道がある環境に憧れて」。10年前に移り住み、市の花壇ボランティア養成講座を受講した。同じ時期に、駅前で花壇整備の話が進んでおり、友人に誘われてエコガーデンに参加。「みんなで活動するのが楽しい。10年やってスキルもあがり、その成果が認められた」と、やりがいとともに今回の受賞を喜ぶ。

 ○…2020年に3代目の代表に就任。「能力のある人ばかり。縁の下の力持ちになれれば」と会を支えてきた。公共花壇づくりは、手軽に買えるものでアイデアがポイントだという。デザイン画を描き、色の配色を考えて花を植えていく。「植えてみないとわからない。形が違うだけでマッチしたり。奥の深い世界ですよ」と花壇づくりの魅力を語る。

 ○…パン、ケーキ作りが趣味。製粉会社の全国コンクールで入賞し、講師を務めていたことも。「お陰で全国に友達ができました」とほほ笑む。散歩しながらレシピを考えることが気分転換に。今後も細く長く会の活動に携わっていくことが目標だ。「町内のコミュニケーションに役立つような活動、花壇づくりをしていきたい」。まちに彩りを添える花壇を、今後も作り続けていく。

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

麻生区版の人物風土記最新6

Harunaさん

下麻生のbless4スタジオで行われた服の交換会のイベントを企画した

Harunaさん

麻生区在住 

8月19日号

成澤 布美子さん

人形劇、児童劇などを公演する「あらら企画」代表の

成澤 布美子さん

高石在住 57歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

岡上在住 66歳

8月5日号

本多 夏萌(なつめ)さん

「あさお希望のシナリオ実行委員会」の副実行委員長を務める

本多 夏萌(なつめ)さん

向原在住 22歳

7月29日号

瀬戸 豊彦さん

川崎市文化財団理事長に、先月就任した

瀬戸 豊彦さん

市内在勤 63歳

7月22日号

伊藤 道子さん

「岡の上カフェ」の発起人の1人で、民生委員・児童委員を務める

伊藤 道子さん

岡上在住 69歳

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook