神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
麻生区版 公開:2022年9月2日 エリアトップへ

老人福祉援護功労者として川崎市から表彰された 信太(しだ) 文江さん 下麻生在住 86歳

公開:2022年9月2日

  • LINE
  • hatena

「踊り」で生涯健康

 ○...8月25日に行われた川崎市老人福祉大会・川崎市老人クラブ大会。踊りの師匠として活躍する一方、下麻生朗生会の会長や、麻生区老人クラブ連合会の女性部委員会委員長、市老人クラブ連合会の女性副委員長を長年務め、高齢者福祉の向上に尽くした功績が認められ、老人福祉援護功労者として表彰された。「皆さんに助けられてやってくることができた。楽しんでやることが日々の生活の張り合いになっていますね」と笑顔で受賞の喜びを語る。

 ○...横浜市・鴨居の出身。幼いころから祭りや踊りが好きだった。20歳過ぎてすぐに柿生に嫁ぐと、盆踊りが盛んな地域だった。しばらくして子育てをしながら民舞を習い始めた。「踊っていると何も考えなくていいし、健康にも良い。風呂でも寝てても踊りのことばっかり」とはにかむ。その後、独立して下麻生民舞の会を立ち上げた。

 ○...下麻生朗生会に入ったきっかけも民舞の会。1996年に朗生会の人数が少なくなったため、入会規約の60歳にはまだ達していなかったが、会のメンバーと入会。長年副会長を務め、2009年に会長に就任した。「皆さんの意見をまとめるだけ。自分の意見は二の次で聞き役になること」を運営で心掛けてきた。一方で、会員の一人として、グラウンドゴルフやカラオケなどを楽しでいる。「会に入って、大勢の友達ができた。楽しくないとできないですよ」と笑う。

 ○...現在、4世帯で住んでおり、旅行に行くこと、ひ孫と一緒に食事をすることを何よりも楽しみにしている。今後の目標は、地元の「禅寺丸音頭」「あさおまつり唄」「柿生音頭」の継承だ。「無理をしないで、体が動く限り踊りを続けていきたい。それが生きがいですから」

麻生区版の人物風土記最新6

小幡 富士雄さん

NPO法人ぶらりばの理事長を務める

小幡 富士雄さん

王禅寺東在住 76歳

12月8日

吉田 英也さん

JDリーグの市内初開催を支えた、川崎市ソフトボール協会の理事長を務める

吉田 英也さん

高津区在住 68歳

12月1日

粕川 精一さん

創立50周年を迎えた川崎市空手道連盟の会長を務める

粕川 精一さん

中原区在住 80歳

11月17日

鈴木 裕子(ひろこ)さん

しんゆり親の会 Our Placeの代表を務める

鈴木 裕子(ひろこ)さん

上麻生在住 61歳

11月10日

大多喜 ゆかりさん

KAWASAKIしんゆり映画祭の事務局として働く

大多喜 ゆかりさん

万福寺在勤 43歳

11月3日

佐藤 典雅さん

区内イベントで作品展示を行う障害者福祉施設の代表取締役を務める

佐藤 典雅さん

市内在住 52歳

10月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

  • 11月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)【2】文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    12月8日

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)【1】文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    12月1日

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2023年12月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook