神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
麻生区版 公開:2024年2月9日 エリアトップへ

区内初 醸造所併設店が完成 五月台駅に「ペコラビール」

経済

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
クラフトビールを注ぐ福澤さん
クラフトビールを注ぐ福澤さん

 ビールの苦味や香りの原料となる植物「ホップ」を麻生区内で育てている福澤雄太さん(32)=上麻生在住=が1月28日、小田急線五月台駅前に区内初のクラフトビール醸造所併設のビアキッチン「ペコラビール」をオープンさせた。

 国内のクラフトビールだけでなく、ちょっとした料理を楽しめる同店。現在、他社から仕入れた缶や瓶のビールを販売できる酒類小売業免許、自店でビールを製造できる酒類製造免許の取得に向け、申請を行っている最中だという。

 「現時点では飲食機能しかない店舗ですが、今後は他社さんのクラフトビールを販売したり、地元で採れたホップを使った地元産のビールをつくって、フレッシュなビールを提供していきたい」と福澤さんは展望を語る。

地元産ビールを

 数年前に訪れた米・ロサンゼルスで、数多くの小規模醸造所を目にした福澤さん。大手企業のものとは違う、個性豊かなクラフトビールの数々に触れ、「こんな場所があるなんてワクワクした」と当時を振り返る。国内外各地のビールを飲み歩き、ビール造りや飲食店経営などの勉強、研究を重ねてきた。

 2年前からは、麻生区市民提案型協働事業に採択された「あさおホッププロジェクト」を展開。プロジェクト参加者の自宅や、片平にある共同畑でホップの育成を学びながら緑化活動を推進し、ネットやフェンスに絡ませカーテン状にするグリーンカーテンづくりに取り組んできた。加えて、ホップの育成を通じた地域交流も進めてきた。福澤さんは「この地域で活動することで、のどかな住環境、農作物が豊富なエリアだということを知った。また地元の方々と触れ合うことで、本物志向の人たちが多いと感じた。この2年があったからこそ、五月台で開店することができた」と麻生区で活動してきた経験を語る。

 夢だった醸造所の完成は夏頃を予定している。「クラフトビールは生鮮食品と同じ。作っている横で飲める環境が理想。夏には市民が育てたホップで地元産のコミュニティービールを造りたい」と福澤さん。かの福澤諭吉はビールについて「胸膈を開く為に妙なり(腹を割って話すに良い)」と残している。「フランクにビールを飲んでお客さん同士が仲良くなれるお店にしていきたい」と夢を語る。

弁護士会主催の街かど相談会

相続、不動産、借金、解雇、離婚など、どんなことでもまずはご相談ください!

https://www.kanaben.or.jp/

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6

「まず自分を大切に」

薬物乱用防止指導員協議会

「まず自分を大切に」

児童に薬物の危険性指導

2月23日

フェスで「顔見える」関係に

高石町会

フェスで「顔見える」関係に

防災講座等で備え

2月23日

玉縄桜、ひと足早く開花

玉縄桜、ひと足早く開花

王禅寺ふるさと公園

2月23日

リサイクル品で工作教室

リサイクル品で工作教室

王禅寺エコ暮らし環境館

2月23日

自治功労賞に岡本さん

自治功労賞に岡本さん

王禅寺町内会で地域貢献

2月23日

人生、まだまだこれから

人生、まだまだこれから

100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

2月23日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月19日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)連載を終えて文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    2月23日

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)【8】文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    2月16日

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook