川崎区・幸区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

8代目「横浜スカーフ親善大使」に任命された 横山 友梨香さん 川崎区在住 26歳

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

街を愛し、魅力伝える

 ○…横浜開港以来の歴史を持ち、今なお世界最高水準の品質を持つシルク製品ブランド「横浜スカーフ」。1年の任期中に市内外で行われるイベントへの出演などを通して、その魅力をPRする「横浜スカーフ親善大使」の8代目メンバーに任命された。「大好きな横浜の役に立てるのが嬉しい。横浜スカーフというブランドがあることを知ってもらえるよう頑張りたい」と話す。

 ○…大学時代に活動していた団体で横浜スカーフが支給され、身に着けたところ「何度洗っても生地がよれない機能性の高さや、デザインの豊富さに驚いた」。高級品でフォーマルな場面でしか着れないと思っていたが、普段使いもできるスカーフの新たな魅力に気づいた。「かつての自分と同じように感じている同世代の人が、気軽にスカーフを使ってくれるようになれば」と語る。

 ○…スポーツ観戦が好きな母親や、小学生時代にテレビで見た日韓ワールドカップの影響を受け、大のサッカー好きになった。地元のクラブ、川崎フロンターレの後援会会員で、試合観戦も大好き。高校時代は毎週試合に行くほどだったという。大学時代には同クラブ主催のスクールにも通い、富士通スタジアム川崎で汗を流した。当時は体力作りのために、川崎大師周辺をランニングしていた。

 ○…お披露目会をはじめ、GW中はショーへの出演やワークショップの開催など、親善大使としての活動が本格的に始まる。会社に勤めながらの活動は多忙だが「じっとしていられない性格」と笑って見せた。「スカーフは着用するだけでなく、鞄などの小物に着けたりと色々な楽しみ方がある。今よりつけ方や使い方をもっと知って、横浜スカーフを通して横浜という街の魅力も伝えていきたい」と目を輝かせた。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

ヨシザワ コウタさん(本名 吉澤 康太)

NHKみんなのうた「変顔体操」を歌う

ヨシザワ コウタさん(本名 吉澤 康太)

幸区小倉在住 36歳

6月21日号

高安 千穂さん

川崎市内でケアについての勉強会を開催する

高安 千穂さん

幸区北加瀬在住 39歳

6月14日号

奥貫 賢太郎さん

「ほしぞらディスコ」を主催した大師ONE博実行委員会のリーダー

奥貫 賢太郎さん

川崎区大師町在住 31歳

6月7日号

志田 千代子さん

第54回神奈川県看護賞を受賞した

志田 千代子さん

川崎区元木在住 59歳

5月31日号

大谷 茂さん

畑作りからわらび餅製造に取り組む

大谷 茂さん

川崎区大師駅前在住 53歳

5月24日号

原田 俊一さん

川崎消防署長として、139人の署員をけん引する

原田 俊一さん

横浜市青葉区在住 56歳

5月17日号

林 佑馬さん

第5回東海道川崎宿三角おむすびレシピコンテストで優勝した

林 佑馬さん

横浜市金沢区在住 22歳

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク