川崎区・幸区版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

新川通大西さん 市民の歌オルゴールに 夫婦の一言から製品化

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
オルゴールを手にする大西さん
オルゴールを手にする大西さん

 川崎区新川通にある大西家具店の代表、大西直治さんが、川崎市民の歌『好きですかわさき愛の街』のオルゴールを企画し、今年1月に製品化した。きっかけは、以前訪れた客との出会いだったという。

 同店では20年程前からオルゴールを販売している。長年川崎区に住み、同曲に親しみがあった大西さん。オルゴール製品にしたいという考えはあったものの、需要を見出せず企画には至っていなかった。製品化を思い立ったきっかけは、4年程前に同店を訪れた夫婦との出会い。大西さんによると、その夫婦は毎朝ごみ収集車から流れていた曲が好きだったが、神戸に転勤してしまうことなり、「思い出に持っていきたい」と同曲のオルゴールを求め尋ねてきた。商品が無いことを伝えると、夫婦は残念そうに去っていったという。

 生の要望を聞き、地元住民から少なからずニーズがあると感じた大西さんは、同曲のオルゴールの製品化を決意。川崎市環境局などの行政機関に問い合わせ、曲についての情報を収集。曲の使用方法や著作権などについて調べ、製品化に向け着々と準備を進めていった。

 オルゴールは一般的な18弁(音を奏でる突起のこと)のものを使用。奏でられる音数に限りがあるため、専門の作曲家と打ち合わせを重ね、同曲で印象的な部分を使った。演奏時間は16秒で、同曲のサビの後半を2回繰り返す。大きさは直径6センチ、高さ約3センチ。手軽に聴けるものにするため、メーカーに発注する際は手のひらサイズの規格を選んだ。デザインは「『音楽のまち』にちなみ、ねじをト音記号の形にした」という。

 市民馴染みのメロディーがコンパクトなオルゴールで聴けるとあって、川崎に愛着のある人が買ったり、地元企業がレクリエーションの景品にしたりしている。インターネットでこのオルゴールを知り、川崎土産として買いに来る人もいる。

 大西さんは「今となっては夫婦の連絡先も分からず残念だが、いつか機会があれば、オルゴールを作ったことを報告できたら嬉しい。市民の方にはこれを聴いて、自分が住む町への地域愛を深めてもらえたら」と語った。

 オルゴールの音色は、動画投稿サイトYouTubeにある「音楽のまち・かわさき」推進協議会のチャンネルにアップされる予定。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

LGBTQ、ダンスで表現

JDS出身ダンサー

LGBTQ、ダンスで表現 社会

「差別ない世界願う」

10月15日号

川崎区、フロンターレと協定

川崎区、フロンターレと協定 社会

まちづくりで連携

10月15日号

「消毒駅のご利用を」

尻手駅

「消毒駅のご利用を」 社会

若手職員が看板制作

10月8日号

「仮装かかし」で地域活性

鹿島田・新川崎住民有志

「仮装かかし」で地域活性 文化

ハロウィーン企画に一役

10月1日号

地域連携で模擬患者養成

看護短大

地域連携で模擬患者養成 社会

リアルな授業を期待

10月1日号

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook