川崎区・幸区版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

ミューザ満喫「動画で」 舞台裏など配信

文化

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
パイプオルガン演奏によるラジオ体操(HPより)
パイプオルガン演奏によるラジオ体操(HPより)

 新型コロナウイルスの影響で休館中のミューザ川崎シンフォニーホール(幸区大宮町)がミューザの魅力を知ってもらおうと動画などの配信を行っている。担当者はこれをきっかっけにクラシックファン以外にも興味を持ってもらえたらと期待を寄せる。

 ミューザ川崎は5月4、5日に「こどもフェスタ」を開催予定していたが、4月に中止を決定。そこで企画されていたイベントを自宅で楽しんでもらおうと公式ブログで「おうちでミューザ」と題し、4月18日から動画配信を始めた。

 第1弾は「音楽のまち・かわさき」のマスコット・ミュートンが照明・音響調整室や楽屋など、普段見ることのできない舞台裏を案内する。

 第2弾はホールオルガニスト・大木麻理さんのパイプオルガン演奏によるラジオ体操。はじめの腕と足の運動の時の「オーケストラの指揮者になったつもりで〜」などのオリジナルナレーションも楽しい。

 第3弾ではグーグルのストリートビューでホール内を自由に移動できる。パイプオルガンの演奏台など、普段では絶対に行けない場所も見ることができる。

 ほかにも朗読とオルガン演奏を楽しむ「おはなしオルガン」や、ホールアドバイザーのピアニスト・小川典子さんによる演奏動画などを配信している。

 こうした動画配信のきっかけは卒業式でよく演奏されるエルガー作曲の行進曲「威風堂々」第1番のパイプオルガン演奏を配信したこと。多くの学校で中止になった卒業式を気分だけでもを味わってもらおうと3月11日に配信し好評を得た。3月8、14日に行った東京交響楽団の無観客ライブ配信が延べ20万人に見られたことでも動画の可能性を感じていた。

 担当者は「ラジオ体操などは2週間で約2万8千人に見られている。今は自宅で楽しんでもらって、いつかホールに来てもらうきっかけになれば」と話した。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

幸区にSDC(ソーシャルデザインセンター)開設

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 社会

感染防止へマスク会食も訴え

1月8日号

清水さん、須山さん認定

かわさきマイスター

清水さん、須山さん認定 経済

プラ塗装、そば分野で高評価

1月8日号

取扱量増へ 整備加速

川崎港

取扱量増へ 整備加速 社会

躍進へキックオフの年に

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク