川崎区・幸区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 川崎西口にエンタメホール 2022年度中の運用開始目指す

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
提案による完成イメージ
提案による完成イメージ

 JR川崎駅西口大宮地区に、イベント会場などに活用するエンタメホールが整備されることになった。川崎市は2月16日、事業提案者の(株)ホリプロと(株)スピークを事業者に決定し、基本協定を締結した。2022年度中の運用開始を目指す。

 整備予定地は、JR東日本グループが開発を進めている「KAWASAKIDELTA(カワサキデルタ)」の隣接地。敷地面積は1027・62平方メートル。市は昨年10月から事業者の募集を行った。

 提案によると、建物は3階建ての大きさ。大小2つのホールを設ける。スタンディング(立ち見)で大ホールは500人、小ホールは200人の収容を計画。音楽イベントのほか、お笑いライブ、メイク教室、ダンス教室、eスポーツの配信、企業イベントとしての活用を考える。また、カフェも開設する。

 2階部分には、カワサキデルタと接続するペデストリアンデッキを設ける。屋上緑化も整備し、休息の場をつくる。

 また、災害時には一時待機場所として地域に開放するほか、防災備蓄倉庫を建物内に設置する。

 借地期間は20年間。4月以降に借地契約を締結し工事に着手。施設の運用開始は2022年度中を予定している。

 周辺地域にはミューザ川崎シンフォニーホールもあり、「新しいジャンルの文化が融合することで新たな交流や賑わいの創出に期待したい」と市担当者は語る。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

川崎「聖地」目指す

eスポーツ

川崎「聖地」目指す スポーツ

プロチームが地域活動計画

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

地域一体で開設400年へ

【Web限定記事】東海道川崎宿

地域一体で開設400年へ 文化

関係地区の活性化図る

2月19日号

川崎西口にエンタメホール

【Web限定記事】

川崎西口にエンタメホール 社会

2022年度中の運用開始目指す

2月19日号

校庭開放利用に「催し」を

校庭開放利用に「催し」を 社会

幸高生が区に提言

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク