川崎区・幸区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

チャット相談あなたのいばしょ 川崎市と連携 モデルへ 「望まない孤独」対策、前進

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
構想を語る大空さん
構想を語る大空さん

 インターネットのチャットで全国から相談を受ける窓口「あなたのいばしょ」。昨年6月から、初の行政との連携として川崎市サイトに外部リンクが設けられ、同サイト経由で4月までに100人以上が利用した。運営するNPO法人は今後、相談傾向などのデータを市と共有し、孤独を早期発見する仕組みをモデル化して全国へ波及させたい考えだ。

 「あなたのいばしょ」は、スマートフォン等から文章による対話で悩みを無料・匿名で相談できる窓口として昨年3月に開設。「望まない孤独」の根絶を掲げ、24時間365日、国内外の相談員700人以上がチャットで応じる仕組みだ。

 学校や家庭、仕事に関する悩みなど、3月末までの相談者は4万8541人にのぼり、4月は1日平均で約400人だった。窓口を運営するNPO法人あなたのいばしょ理事長の大空幸星(こうき)さん(22)=慶応大学4年=は「つらくても声を出せない、相談できない人の声を引き出すのが私たちの役割。行政との連携で、必要に応じて相談者を警察や児童相談所など地域の機関につなぎ、継続的に支援していくのが狙い」と説明する。

教育に活用 模索

 子どもに「生きるのが嫌になった」と言われたら、家族や教員はどう応えればよいのか--。大空さんが構想するのは、相談側と受ける側に分かれ、チャット機能で疑似的に対話する教育プログラムの作成。「例えば市内学校のいじめ相談のチャット内容を解析して得たデータを、市の具体的な政策に生かしてもらうこともできる」と大空さん。川崎市を含め、自治体や学校との連携を模索し広めたいという。市精神保健課は「悩みにはさまざまな背景がある。相談先として大切な選択肢の一つ」としている。

 警察統計による川崎市の2020年の自殺死亡者数は198人で、前年比7人増。2年連続で微増傾向にある。市は13年制定の自殺対策に関する条例に基づき、コロナ下の心理的影響も踏まえ、第3次自殺対策総合推進計画を今年度から3カ年で始動。若年層への支援を教育分野等と連携しながら進める方針で、年代別の実態分析と対策に力を入れていく。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

オンライン手続き支援

大師・田島支所

オンライン手続き支援 社会

市、実施方針を策定

6月11日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

宮前小避難に疑問の声

川崎区内町内会

宮前小避難に疑問の声 社会

「近くの競馬場が現実的」

6月4日号

球技専用スタジアムに

等々力陸上競技場

球技専用スタジアムに スポーツ

陸上は補助競技場改修

6月4日号

「南口改札」に期待感

カワサキデルタ開業

「南口改札」に期待感 社会

地元商連、JRへ要望継続

5月28日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter