川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

市政レポート 危ぶまれるJR南武線連立事業!地元の声は早期実現! 新工法を検討!事業費縮減・工期短縮の効果に期待!自民党 川崎市議会議員(幸区)野田 まさゆき

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

川崎市は昨年11月、JR南武線連続立体交差事業を「今後の社会経済動向等を踏まえた慎重な検討と判断が必要な事業」として抽出、今年に入り令和2年度中の都市計画決定を見送り、必要な検討を実施した上で、令和3年度秋の第3期実施計画(素案)等で検討結果を明らかにするとしました。

順調にいけば本年3月にも行われた都市計画決定目前で対象事業とされたことは非常に残念であり、現在、限られた財源・人的資源を着実に確保し活用する視点から、取り組みの優先順位を勘案し、個々の取り組み内容を検討しており、長期にわたり大きな負担が見込まれるとの考えから連立事業の存続が危ぶまれています。

個々の踏切の暫定対策でなく連立事業で踏切の除却を!

そんな中、以前より事業を担当している川崎市建設緑政局は実現に向け、JR東日本と連携して新たな工法の検討を進めています。

従来の仮線高架工法より今回検討している別線高架工法は、事業費の縮減と全体工期の短縮が果たされ、開かずの踏切が早く解消できます。鹿島田駅のペデストリアンデッキが支障となりますが現在対応を検討し、鉄道が高架化され地上での往来が可能となります。

先月の本会議一般質問早期実現を強く要望

地域から市に対する要望の状況を質問、幸区長より、幸区町内会連合会から繰り返し早期実現への要望が出ている旨の答弁がありました。

私自身、今年に入り南武線沿線地域の方々からお聞きした高架化の早期実現への期待を市長に伝え、新たな工法の成果が示された後、個々の踏切の暫定対策ではなく、連続立体交差事業の早期実現を目指すよう強く要望しました。

野田雅之

http://noda.co

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

”速報”JR南武線連続立体交差事業新工法の効果絶大 推進へ一歩前進!

事業推進に向け、関係機関との調整を表明 市政リポート

”速報”JR南武線連続立体交差事業新工法の効果絶大 推進へ一歩前進!

川崎市議会議員(幸区) 野田まさゆき 自民党

9月3日号

報告「新型コロナ感染症対策特別委員会」より

県政報告

報告「新型コロナ感染症対策特別委員会」より

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

8月27日号

風水害に備え、避難情報の確認と行動計画を万全に!

市政レポート

風水害に備え、避難情報の確認と行動計画を万全に!

各家庭での備蓄、非常用トイレの備えも!自民党 川崎市議会議員(幸区)野田 まさゆき

8月6日号

ヤングケアラーを知っていますか?

県政報告

ヤングケアラーを知っていますか?

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

7月30日号

市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充!

市政報告

市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充!

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月16日号

「多摩川スカイブリッジ」に命名

市政報告

「多摩川スカイブリッジ」に命名

川崎市民・大田区民に愛される架橋に川崎市議会議員 みらい川崎市議団 飯塚正良

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook