川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

川崎区・幸区基準地価 住宅地、回復傾向に ともに1%超 上昇

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
川崎区最高価格の「貝塚2丁目4番18」地点
川崎区最高価格の「貝塚2丁目4番18」地点

 神奈川県は先月、土地取引価格の目安となる基準地価を発表(7月1日時点)。川崎区、幸区の住宅地の平均変動率(前年比)は昨年、コロナの影響で1%未満と鈍化したが、今年は両区ともに1%超上昇し、回復傾向となった。

 川崎区内の住宅地の調査対象は住宅地7地点。1平方メートル当たりの平均価格は29万8900円で、平均変動率は1・2%(前年0・6%)。最高価格となったのは川崎駅から約1・1キロの「貝塚2丁目4番18」の37万9000円。変動率も2・2%で、同所が最も上昇した。

 幸区の対象も7地点で、平均価格は35万円。平均変動率は1・3%(前年0・9%)となった。最高価格は「中幸町1丁目56番5」の43万7000円(変動率1・2%)で市内価格順位で2位に入った。変動率は「南幸町3丁目29番2」の1・9%が最も高かった。幸区は県内の市区町村別の価格順でも3位に入っている。

 県全体の住宅地の平均変動率はマイナス0・2%で、前年のマイナス0・9%から回復するも下落が続く。川崎市は0・6%(前年マイナス0・1%)で上昇。市全体の傾向について、県政策局は「都心への近接性や、都内との価格差等から人口増加も堅調。最寄駅から近い地域や住居環境の良好な地域を中心に需要がある」としつつ、「市北部では敷地規模が大きくても地区計画等により分割できない土地が多く、利便性に劣る地域では横ばいや下落も見られた」と分析する。

川崎駅周辺 商業地上昇率鈍化も地価堅調

 川崎区の商業地の平均価格は90万3800円で、1・7%(前年1・1%)上昇。川崎駅から約300メートル地点の「駅前本町3番6外」が260万円、変動率3・2%で最も高かった。県政策局担当者は「川崎駅周辺は大規模テナントの退出により、オフィスの空室率が上昇しているが、賃料は堅調に推移している」と説明。加えて「今年5月に開業した駅西口に隣接するオフィスビル(カワサキデルタ)は満床となるなど、上昇率は鈍化しているものの、地価は堅調に上昇している」という。

 幸区の商業地の平均価格は36万8300円で、平均変動率は0・7%(前年0・5%)。最高価格は「下平間字稲荷耕地111番4」で、54万円。1・9%上昇した。平均変動率1%未満は市内で幸区のみだった。

 都道府県が調査する地価基準は、毎年9月に公表。今回は県内927地点、川崎市116地点が対象になった。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

古市場7年ぶりV

古市場7年ぶりV スポーツ

秋季ドッジボール大会

12月3日号

温暖化防止ポスター制作

温暖化防止ポスター制作 社会

川崎大師日曜教苑生ら

12月3日号

韓国・朝鮮舞踊を学ぼう

韓国・朝鮮舞踊を学ぼう 文化

11日から 市ふれあい館で

12月3日号

薬物乱用の恐さ伝える

川崎東LC

薬物乱用の恐さ伝える 社会

新町小6年生児童に

12月3日号

脱炭素の模範18団体を表彰

川崎市

脱炭素の模範18団体を表彰 経済

最優秀は2団体

12月3日号

市長へ予算要望書提出

市長へ予算要望書提出 政治

川崎区市議団

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook