神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2022年1月7日 エリアトップへ

55歳でドラコンのプロ選手になった 垣浪 利之さん 川崎区藤崎在住 55歳

公開:2022年1月7日

  • LINE
  • hatena

努力とロマンの飛ばし屋

 ○…ゴルフクラブのドライバーを使って、フェアウェイ上でどれだけ遠くまで飛ばせるかを競うドライビングコンテスト(略称ドラコン)。そのプロテストに55歳で合格し、1月中のツアーから参戦を予定する。身長165センチメートル、体重70キログラムと小柄ながら、テストでは275ヤードを飛ばし、55歳以上級の合格ライン200ヤードを大きく超えた。

 ○…本業はリフォーム業とサプリメント販売。町内会活動や、会社前の道路清掃など、地域活動にも精を出す。昨年夏に、テレビ番組でドラコンに興味を持った妻が、プロテストを受けようとしたが、ぎっくり腰になり断念。「あなた、力あるんだから受けてみたら」と勧められたのがきっかけだった。

 ○…クラブを握るのは16年ぶりだったが、若い頃にレッスンプロについて固めたスイングが生きたという。ゴルフ歴は16歳から。同級生のおじがプロゴルファーだったことが縁だった。有り余る力を、「家にいたらろくなことをしないから」と、付き合わされたのが始まり。持ち前の負けず嫌いもあって、「やるからにはとことん」取り組んだ。高校2年で「強制退学させれらた」後も仕事をしながらゴルフは続け、スコアは80を切るまでに。40歳直前でどうしても勝てない先輩がいて、「負けるくらいならやらない」とゴルフを断った。

 ○…昨年11月にはスイングのトレーナーの資格を取得。12月にパッティングプロにもなった。こうした資格を生かし、指導者としてゴルフの普及にも努めたいという。ドラコンについては自身もまだ成長中で、「今、ドラコン用にスイング改造中で350ヤード飛ばすことが目標」と意気込む。中年になっても夢は尽きない。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

脇本 靖子さん

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」(高津区)の新館長に就任

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月31日

永岡 敦司さん

今春から幸消防署長を務めている

永岡 敦司さん

高津区在住 54歳

5月24日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区南加瀬在住 80歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

多摩区在住 52歳

5月10日

村上 健二さん

川崎消防団長に就任した

村上 健二さん

川崎区日進町在住 73歳

5月3日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月26日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月31日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook