神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2023年12月1日 エリアトップへ

京急川崎駅前新アリーナ 1万5千人規模に 主要音楽コンサート開催も視野

経済

公開:2023年12月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 DeNA(東京都渋谷区/岡村信悟代表取締役社長)と京急(横浜市/川俣幸宏取締役社長)は11月21日、オンラインで記者会見し、京急川崎駅の隣接地域に建設する新アリーナの最大収容人数を、当初の1万人規模から1万5千人規模に拡大すると発表した。

 新アリーナは商業施設との複合エンターテインメント施設で2028年の開業を目指す。当初は「KANTOモータースクール」の跡地約1万1670平方メートルを活用して開発を進める予定だったが隣接地のビルを取得。面積が約1万3640平方メートルへと拡張されることで、最大想定の収容人数を5千人増加した。ホームアリーナとして使用するプロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」の最大収容人数も1万2千人規模となる。

 DeNA川崎ブレイブサンダースの元沢伸夫取締役会長は「横浜アリーナや代々木体育館、日本武道館と並ぶクラス。主要な音楽イベントや格闘技イベントの候補会場に入るようになった。海外アーティストにも選ばれる場に一歩近づけた」と強調。新アリーナの長所が東京、横浜からも近い上、羽田空港から10分程度でアクセスできる立地の良さにあると指摘。「365日国内外から人を呼び込むアジアナンバー1のエンタメ施設になる」と展望を語った。

 地上17階建ての商業棟の10階から17階にはホテルやレストランが入居。3階から8階にはスパ(温浴施設)やフードホールの設置を計画する。1、2階には2千人規模の音楽ライブなどができるサブアリーナ兼ライブホールを設置。正面玄関には広場を開設する。元沢社長は「何でも揃う川崎駅東口の中でやや足りないと感じるのが憩いの場。広場をまちの人に使ってもらえるようにしたい」と述べた。

 また、施設完成後の経済波及効果について1273億7000万円(理化学研究所試算)と発表した。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

カワスイ、水族館に学校

カワスイ、水族館に学校

4月開校 飼育人材育成

2月23日

5月開局へ向け準備

FM大師

5月開局へ向け準備

「川崎区を元気にしたい」

2月23日

教育・脱炭素に重点

川崎市予算案

教育・脱炭素に重点

市長「100年、その先予算」

2月16日

川崎でもライドシェア

神奈川県タクシー協会

川崎でもライドシェア

方針決定、4月から開始

2月16日

第3子保育無償 全世帯で

川崎市

第3子保育無償 全世帯で

新年度から減免条件撤廃

2月9日

「多文化共生ミュージアムを」

おおひん地区

「多文化共生ミュージアムを」

市民有志が呼びかけ

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook