神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2023年12月15日 エリアトップへ

外国人活躍の職場考える  幸区で企業向けセミナー

政治

公開:2023年12月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
登壇者の意見に耳を傾ける参加者
登壇者の意見に耳を傾ける参加者

 外国人人材を積極的に受け入れる企業から、その心構えや課題、職場で活躍する外国人の生の声を聞くセミナーが12月6日、幸区大宮町の起業家支援拠点「K―NIC」で開かれた。

 川崎市産業振興財団(幸区堀川町/三浦淳理事長)が主催した同セミナーには、約60人の企業関係者が出席した。

 同財団が発行する『産業情報かわさき』によると、2022年10月時点の外国人労働者数は全国で182万2725人で前年比で約9万5千人増加。また、同財団が発行した21年度の『外国人雇用・就労支援等検討会報告書』によると、20年の川崎市の外国人労働者は全体で4万5361人にのぼる。同セミナーは、外国人材が活躍できる企業づくりや地域社会の形成に向け、情報の共有・発信の場づくりとして企画された。

コミュニケーション重要 

 セミナーでは、埼玉県の特殊銅合金メーカー・大和合金(株)で働く3人の外国人が仕事のやりがいなどを紹介。ジャマイカ出身のジリアン・フレッチャーさんは「挑戦と成長のチャンス」と受け止めて入社。「外国人も歓迎されている雰囲気の良さがいい。仕事だけでなく自分の趣味が楽しめる」と語った。デンマーク出身のクリスチャン・ラスムッセンさんは「自分の意見が言える職場であることがいい。共生社会に向けては文化が異なってもコミュニケーションできる雰囲気が大事」と強調。フィリピン出身のクリスタベール・アーシラさんは家族みたいな温かさに惹かれて入社。「日本人も外国人もオープンマインド(心を開くこと)を意識することで、互いに協力しあえる社会が作れる」と述べた。

現場での取り組み紹介

 パネルディスカッションでは、外国人が働く中小企業や研究機関の社長らが登壇し意見交換を行った。永井浩二iCONM(ナノ医療イノベーションセンター)副センター長はオープンスペースを設け、所属、人種の違う研究者が自由な発想を語り合う雰囲気づくりと一緒に取り組める企画を考えてイノベーションにつなげていると紹介。萩野源次郎大和合金(株)代表取締役社長は、外国人の感性を大切にし、海外交渉を任せているとし「製品の輸出が10年前は1〜2%だったが15%にまで伸びた。ハングリー精神の海外人材の頑張りにほかならない」と強調した。板金加工業の赤原宗一郎(株)赤原製作所代表取締役は社員の7割強が外国人であると述べ「伝わらないことがあるのは伝える側の責任を会社のルールにしている」と語った。採用に際しては人間性や人柄を重視と強調。労働者人口が減少する中「外国人を安くこきつかうのはもってのほか。外国の方が来てくれるような国にしなければならない」と力を込めた。

 同財団によると、セミナーは年2〜3回開催される予定。

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

難しくても支える

「川崎ダルク」20周年

難しくても支える

薬物依存者の回復後押し

6月21日

砂子に感謝の芳名板

東海道川崎宿起立400年PJ

砂子に感謝の芳名板

寄付金総額748万5000円

6月21日

公園禁煙化、「望む」が54%

川崎市

公園禁煙化、「望む」が54%

6カ所でアンケート

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

食品購入費も対象に

町会応援補助金

食品購入費も対象に

会員の声受け、制度改正

6月7日

データが示す「充実度」

市の子どもの権利条例

データが示す「充実度」

市内在住・山田さんが分析

6月7日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook