神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年5月3日 エリアトップへ

川崎市議会 女性議員16人が連携 課題共有し、政策提案へ

政治

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena
総会に出席した16人の議員
総会に出席した16人の議員

 川崎市の課題を女性の視点で解決しようと、市議会の女性議員16人が4月25日、「女性議員ネットワーク会議」を発足させた。育児や介護などを理由にした委員会でのオンライン出席ができるよう議論を深め、政策提案につなげたい考え。

 現在、川崎市議会議員60人のうち、女性議員は16人。ネットワークには有志の集まりながら、自民、みらい、公明、共産、あしたの川崎・日本維新の会、無所属の全議員が参加した。

 総会で会長に選出された山田瑛理氏(自民)が「川崎市は人口155万人になり、今年は市制100周年を迎える。今まで以上に多様な対応をしていかねばならない」とあいさつした。

 子育て世代の議員が多いことなどから、オンライン開催の拡大をテーマに据えた。現在、市議会では新型コロナのまん延と大規模災害の場合に限り、オンライン開催が認められている。育児や介護のほか、骨折などを理由にした出席拡大の実現に向けて今後、勉強会を開催する。オンライン開催を先駆的に取り組む大阪府議会との意見交換や川崎に本社を構え、テレワークを進める富士通の視察を計画。7月下旬に青木功雄議長への政策提案を目指す。

 テーマの検討材料にはこのほか、困窮女性へのあるべき支援や災害時の避難所運営での女性の視点を取り入れることなども挙げる。

 ネットワーク発足を受け、青木議長は「誰もが効率よく働きやすい環境づくりを進めようとしている。女性活躍推進につなげてもらいたい」と期待を寄せる。

 会長以外の選出役員は次の通り(敬称略/カッコ内は会派名)。副会長=井口真美(共産)▽事務局長=木庭理香子(みらい)▽事務局次長=河野ゆかり(公明)▽会計幹事=仁平克枝(あしたの川崎・日本維新の会) 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

県看護賞を受賞

川崎幸病院佐藤さん

県看護賞を受賞

教育システム構築など評価

5月24日

東芝、川崎に本社を集約

東芝、川崎に本社を集約

市長「連携さらに進化」

5月24日

「支援の輪」次の段階へ

こども食堂

「支援の輪」次の段階へ

寄付増加、物流に課題

5月17日

「第4期」の5年で半減

川崎市

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画

5月17日

25年12月に完成予定

(仮称)川崎市民館・労働会館

25年12月に完成予定

26年2月の供用開始めざす

5月10日

川崎の業者が「助っ人」

多死社会

川崎の業者が「助っ人」

都会の遺体安置場所不足

5月10日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook