さがみはら中央区版 掲載号:2011年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

キャンプ淵野辺留保地利用計画 用地取得に課題も 整備実現に向け、来年度中に国と協議 

[淵野辺公園側のYゾーン]右上の建物(丸の箇所)に、複合施設で市民が利用できる武道館の新設が予定されている
[淵野辺公園側のYゾーン]右上の建物(丸の箇所)に、複合施設で市民が利用できる武道館の新設が予定されている

 淵野辺公園や市立博物館周辺の「キャンプ淵野辺留保地利用計画」の素案について市は11日、本計画として実行していく方針を固めた。24年度計画に盛り込まれる見通しで、現在国有地となっている用地取得が今後の焦点になりそうだ。

 計画をめぐっては、素案をもとに7月から8月のパブリックコメント(意見公募)を経て、策定作業が進められていた。計画は主に、博物館側のXゾーンと淵野辺公園側のYゾーンに分類される。Yゾーンは公園拡大が中心で、面積は約9・3ha。用地取得には31億円を見込む。これまで府中の森公園(東京都府中市)などをモデルに、利用状況、駐車場の規模などの観点から検討委員会で協議されてきた。敷地内の複合施設として、武道館が新設される公算が大きい。このほか、歩道の拡幅や自転車道も設ける予定で、利便性を高めつつ、市内外の交流の活発化を図る。

 一方、Xゾーンは民間の参入を含めた学術施設の展開を予定。JAXA(宇宙航空研究開発機構)増設などの動向は流動的なものの、研究を主とする施設の設置が検討されている。

財政状況が今後を左右

 今後、市は、国有地となっている用地取得の方法について一括か部分的かを含め「財政事情を見極めながら来年度中には取得に乗り出したい」との意向を示している。取得の状況によって、計画の進行に影響を及ぼすのは必至の様相だ。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市初開催企画

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

スポーツ通じ「共生社会」を

市内障害児・者支援団体

スポーツ通じ「共生社会」を

3月15日号

西門に「浪漫」を

復興支援 多様な形で

相模女子大学生ボラ委

復興支援 多様な形で

3月8日号

NFLチアに挑戦

元Suns天満谷さん

NFLチアに挑戦

3月1日号

自治体ポイント導入へ

相模原市

自治体ポイント導入へ

3月1日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク