さがみはら中央区版 掲載号:2015年8月20日号
  • googleplus
  • LINE

第39回全日本中学ボウリング選手権大会で優勝した 羽ヶ崎匠海(たくみ)さん 弥栄在住 15歳

5年後の大舞台を夢見て

 ○…今年7月に行われた「全日本中学生ボウリング選手権大会」で初優勝を飾った。予選をトップ通過したことにより、決勝トーナメントは、優勝決定戦1試合のみに。大一番を前に緊張で足が震え、その影響か前半は相手にリードを許す苦しい展開に。しかしドラマは終盤に訪れた。8フレームからパンチアウト(10フレームで3投ともストライク)を含む怒涛の5連続ストライク。鮮やかな逆転劇で一気に優勝を決めた。「試合の終盤は自分でも何が起きたのかわからなかった」と、劇的な初優勝を興奮気味に振り返った。

 ○…生まれも育ちも相模原。ボウリングが趣味だった父親の影響で、物心ついた時にはボールを投げていた。3歳にして大会に出場。見事3位に輝き「その時褒められたのが嬉しくてボウリングが好きになった」。小学4年生から本格的に練習を開始し、着実に実力をつけていった。現在は週に3日は練習場に通い、多い日には一日15ゲームも投げる。練習が終わる頃には腕や肩が上げられなくなる程ハードだというが、「どれだけ投げても飽きない。ピンが倒れた時に響く音がたまらなく気持ちいい」と、あどけなく笑う。

 ○…自分のことを「何事も一回やりだすと、やめられなくなる性格」と表すほど、休みの時にはゲームに没頭する。特に、シリーズのほぼ全てをクリアするほど「ドラゴンクエスト」のファンで、「夜遅くまでやっていると母親に怒られちゃったり」と、おどけた表情を見せる。

 ○…来年からは高校生。中学に続き、高校での全国制覇をめざし、全国的に有名なボウリング部がある高校への進学を考えている。一方、ボウリングは5年後行われる東京五輪の候補種目でもあり、「正式種目に選ばれたら絶対に出たい。そしてボウリングが誰でも楽しめるスポーツだというのを伝えたい」と意気込む。五輪の大舞台を夢見て、一歩ずつ歩を進めていく。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク