さがみはら中央区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

相模原市立博物館レポvol.7 宇宙と繋がる写真展 学芸員 中川 真人

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
幻想的な星空を移す星景写真
幻想的な星空を移す星景写真

 今年の七夕は多くの方が星空を見上げたことと思います。7月7日、宇宙飛行士大西拓哉さんを乗せたソユーズ宇宙船は地上を旅立ち、その2日後には国際宇宙ステーションに無事到着して宇宙空間での長期滞在が始まりました。今日も400Km上空から地球を眺めていることと思います。そこから見る地球の姿とはどのように見え、どのような感動を覚えるのでしょうか。

 地上にいる私たちは、これから夏本番を迎えようとしていますが、天の川が流れる満天の星を久しく眺めていない方も多いと思います。また、私たちには見えないその先の宇宙には、どのような光景が広がっているのでしょうか。

 今年の夏、相模原市立博物館では23日から企画展「宇宙とつながる写真展〜美しく幻想的なその姿〜」を開催しています。その名のとおり、写真を通して宇宙の幻想的な姿や美しい地球の姿を紹介する展示で、JAXAとの共催により企画したものです。国際宇宙ステーションから眺める地球の姿や、JAXAの人工衛星・探査機から撮影された宇宙の画像は、天文学的な情報だけでなく、幻想的な宇宙や美しい地球の姿を写しこんでいます。また、月明かりなどの僅かな光源をもとに、地上の風景と星空を一緒に写しこんだ「星景(せいけい)写真」は、今日では日常的に見ることができなくなってきている満天の星、太古の人々も眺めていたであろう、星空本来の神秘的な原風景を私たちに見せてくれます。

 企画展では、地球から見た宇宙、宇宙から見た地球、そして宇宙から見た宇宙の姿の紹介を通じて、宇宙とのつながりを感じていただくとともに、宇宙に対する関心を寄せていただけたら幸いです。なお、開催期間中、夏休みイベントとして、8月14日(日)にはクイズラリーを行います。全問回答者には、オリジナル宇宙グッズをプレゼントします。

■相模原市立博物館【電話】042・750・8030
 

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら中央区版のコラム最新6

進化する学習資料展

相模原市立博物館レポvol.25

進化する学習資料展

民俗担当学芸員 山本菜摘

12月16日号

 尾崎行雄の平和への願い

相模原市立博物館レポvol.24ミニ企画展「尾崎行雄の不戦運動」

 尾崎行雄の平和への願い

博物館学芸員 長澤有史

11月25日号

 縄文世界を見に行こう!

相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

 縄文世界を見に行こう!

「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

10月21日号

相模原の「司法」を考える

【7】相模原司法制度改革懇話会の発足 連載

相模原の「司法」を考える 社会

寄稿 大谷豊弁護士

8月26日号

「地域共生社会」めざす

「地域共生社会」めざす 社会

社会福祉法人相模福祉村

8月26日号

縄文人の生活を探る 考古企画展

相模原市立博物館レポvol.22

縄文人の生活を探る 考古企画展

「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook