さがみはら中央区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

国際言語学オリンピックに日本代表として出場し、銅メダルを受賞した 米山 維斗(ゆいと)さん 緑区東橋本在住 18歳

溢れる才能で地元に貢献

 ○…今夏、アイルランドで開催された「国際言語学オリンピック」個人戦に日本代表として出場。世界29カ国から40チームが出場したこの大会に、初出場ながら見事銅メダルに輝いた。語学力による公平性を保つため、東南アジアやアフリカの少数民族など、使用している人口が少ない「未知の言語」を題材に、その言語に関する法則や特徴などを見つけ出して回答する、論理的な思考が試される暗号解読的要素の高い競技だ。「終わった時点で5問中2問は完璧に解けたので自信がありましたが、実際メダルが決まると喜びが込み上げました」と振り返る。

 ○…筑波大学付属駒場高等学校の3年生。小学校3年生の時に、分子の結合をテーマにしたカードゲームを考案。「化学は共通言語、世界中に広めたい」との夢を持ち、小学校6年生の時、ゲームの企画・開発・販売を行う「ケミストリー・クエスト株式会社」を起業した。現在は会社の発売するカードゲーム「ケミストリークエストシリーズ」が計12万5千部を超える大ヒット商品となっている。「受験があるので、あまり会社業務に携われていませんが、また時間がとれれば、何か面白いものを開発していきたいです」と目を輝かす。

 ○…高校では、山岳部、化学部、管弦楽団に所属。興味があることはすぐに取組み、勉学だけでなく多方面の分野に精通する。「11月には高校生活最後となる文化祭があります。学校全体が盛り上がるイベントなので全力で取り組みたいですね」

 ○…来年春に大学受験を控え、受験勉強に集中する日々が続く。「将来は大学の都市工学の分野に進み、交通システムを勉強したい」との明確な目標を持つ。先日は金原工業団地を中心とした、橋本から津久井地域をつなぐ交通網の整備と都市開発に関するレポートも完成させた。「高齢化が進む中、自分が生まれ育った相模原のために何か出来れば」と話してくれた。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

細田 聡史さん

小惑星リュウグウに到着した探査機「はやぶさ2」のイオンエンジン開発に携わる

細田 聡史さん

8月16日号

重野 愛子さん

8月18日(土)に8回目の「市民富士登山」に参加する

重野 愛子さん

8月9日号

長澤 憲大(けんた)さん

9月に行われるバクー世界柔道選手権大会で男子90kg級日本代表に選ばれた

長澤 憲大(けんた)さん

8月2日号

川上 泰さん

今年6月に麻布大学いのちの博物館(淵野辺)の館長に就任した

川上 泰さん

7月26日号

吉澤 肇さん

市営上九沢団地で運営されている子ども居場所づくり「くすのき広場」代表の

吉澤 肇さん

7月19日号

土佐 誠さん

このほど三菱重工相模原ダイナボアーズのキャプテンに就任した

土佐 誠さん

7月12日号

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク