さがみはら中央区版 掲載号:2018年1月11日号
  • LINE
  • はてぶ

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した 小山 龍次さん 上溝在住 37歳

新時代誘う「開拓」の心意気

 ○…200人を超える企業の若き経営者などが集う会のトップに就任し「先輩方への恩返しの1年。その文化を引き継いでいきたい」と意気込む。自ら掲げた今年1年の活動方針は「ニューフロンティア〜ひとり一人が、このまちの開拓者たれ!〜」。街の歴史に着眼し「ここは野原だった土地を先人たちが開拓し、今の姿まで成長させた。その精神を引き継ぎ、相模原が抱える問題に取組んでいきたい」と思いは熱い。

 ○…上溝生まれ。幼い頃は活発な「ガキ大将」で、高校までは柔道に打ち込んだ。その後、国内の大学に進学するも、刺激を求め渡米。西海岸の陽気な雰囲気の中、必死に語学とビジネスを学んだ。現地の大学を卒業後、電気メーカーに就職したが、実家が営む運送会社「スワ運輸(株)」の社長である父親の体調不良を機に帰郷。その後、30歳で同社の社長に就任し、相模原JCに加入した。生来、集団に所属するのはあまり得意ではなく、日本の歴史を伝える活動などに従事するも思うように行かず、悩む時期も。しかし、全国の仲間と協働する中で、成果が見えなくとも地道な活動を続ける重要性に気付かされた。会の中で自分のすべき事が明確になると、活動にも自然と力が入っていった。

 ○…会社の経営に、JCの活動、家へ帰れば二人の子どもの父親と大忙し。そんな中、気分転換に行うのが「ゴルフ」。早朝に出掛け「メリハリをつけるため、プレー中はゴルフ以外の事は考えません」。忙しい日々の中で大切な時間だ。

 ○…好きな言葉は平安時代の僧・最澄の「一隅を照らす」。「人が気付かない問題にも『自分事』として捉えることが大切。メンバーにも伝えていきたい」。数ある街の課題の中でも会の「自分事」として注力するのは「国際・教育・経済」の3分野。特に、相模原の国際化に寄与する積極的な民間交流、民間外交には、来る「東京五輪の先」を見据え、取組んでいく構えだ。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

古戸 弘さん

がんを患いながらも、このほど21世紀国際書展で文部科学大臣賞を受賞した

古戸 弘さん

10月25日号

石井 弘和さん

今月で3周年を迎えたクリスピーエッグギャラリーのオーナーを務める

石井 弘和さん

10月18日号

押木 優花さん

ノジマステラのチアリーディングチーム「Spica(スピカ)」でキャプテンを務める

押木 優花さん

10月11日号

椎木(しいき) ゆうたさん

漫才コンビ「世間知らズ」でツッコミを担当する

椎木(しいき) ゆうたさん

10月4日号

熊谷 昌飛(まさと)さん

相模原市が今年から実施する車いすバスケの体験会を発案し、選手として参加する

熊谷 昌飛(まさと)さん

9月27日号

河合 沙樹さん

フルート奏者で、10月に横浜市内で演奏会を開催する

河合 沙樹さん

9月20日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月25日号

お問い合わせ

外部リンク