さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

女性活躍拡大へ新事業 相和交通 保育所を開設

社会

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
同社の敷地内に新しく開設された保育所
同社の敷地内に新しく開設された保育所

 区内のタクシー会社・相和交通(有)(小町通)は、同社で働く女性ドライバーの子どもを対象にした無料の保育所「SOWA保育所」を事業所横に設置した。もともと所内の一角にあったものを、移設した形となる。

 国では、多様化する就労形態への対応や、待機児童問題を解消し、子育てと仕事の両立の実現を目的に企業主導型保育事業を進めている。同保育所の開設もその一環だ。

 関連会社では、4年前に無料保育所を開設し、子育て世代の女性ドライバーを多く雇用してきた。新設の保育所では、その運営ノウハウを生かし、女性社員が子育てをしながらでも働ける環境を作っていく考えだ。

 同保育所では、1日につき子ども19人までを受け入れることができる。登録は30人まで可能。保育士だけでなく栄養士も勤務しており、通常の保育園と同等の環境を整えている。同保育所に子どもを預けている女性社員は「一緒に来て一緒に帰れるので負担が減る。子どもの様子がわかるので安心」と話す。

 同社の飯田隆明社長(57)は「相模原で子育てをする女性が相和交通でなら安心・安全に働けると思ってもらえるような、地域の人に愛される会社でありたい」と話す。同社ではこうした事業を土台に、年内中に現在55人中6人いる女性ドライバーを20人にまで増やしたい考えだ。

 事業などについての問い合わせは、同社【電話】042・770・1115へ。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

はやぶさ記念 市民デー開催

市パークゴルフ協会主催

はやぶさ記念 市民デー開催 文化

6月12日 参加費無料

5月26日号

縄文の集落跡を一般公開

縄文の集落跡を一般公開 文化

田名 200人が見学

5月26日号

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年 出身者に聞く

5月26日号

「結果で地元に恩返し」

カヌー齋藤彰太選手

「結果で地元に恩返し」 スポーツ

明治安田生命が支援

5月26日号

神奈川ダービーはドロー

日本酒完成を報告

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook