神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

「空白」乗り越えめざす8年後 SC相模原ユース 中丸流佳(るか)選手

スポーツ

公開:2018年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
トップ昇格を目標とする中丸選手
トップ昇格を目標とする中丸選手

 サッカー界最高峰の大会・ワールドカップ。4年に一度の祭典がきょう14日、ロシアで幕を明けるなか、地元・SC相模原のユースチームには「8年後」を虎視眈々と狙う一人の若者がいる。その名は中丸流佳。17歳にして波乱万丈なサッカー人生を歩んできた青年に、全サッカー選手が憧れる舞台への思いを聞いた。

─・─・─・─・─・─

 中丸選手は伊勢原市出身。中学から横浜F・マリノスのジュニアユースチームに所属し、3年生時には日本一のクラブチームを決める大会で優勝。決勝では3得点の大活躍で、Jリーグ最年少出場記録を持つ久保建英選手を抑え大会MVPに輝いた。間違いなく、世代を代表する選手の一人だった。

 中学卒業後は県内の強豪校・日大藤沢高校へ進学するも、「部活経験がなく、上手くなじめなかった」と数か月で退部。高校も転校を決断。将来を嘱望された青年はサッカーと距離を置く「空白の日々」を過ごした。しかし、時間の経過の中で「自分にはサッカーしかない」と心境が変化。再起をかけ複数のチームの練習参加を経て、約1年半前に現チームへ入団した。

 復帰後、鈍った身体を動かすのに苦労したが、持ち前のセンスとスピードは健在だった。2年時から主力選手として公式戦に出場。今年からはチームの主将を務め、前線の中心選手として活躍を続ける。

トップ昇格そして世界へ

 開幕を迎えるワールドカップの印象については「記憶に残っているのは10年の南アフリカ大会から。本田圭佑選手のフリーキックが印象的で、練習しましたが、できませんでした」と「ミレニアム世代」らしい回答。そして、「今の目標はSCのトップチームへの昇格。J1ではなくても結果を残せば、世代別代表、そして8年後のW杯が見えてくるかもしれない」。世界への距離を見定める中丸選手の、檜舞台への挑戦は続く。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

陰謀論と表現の自由

来場無料

陰謀論と表現の自由

6月30日 市民会館で講演会

5月30日

メタボ、糖尿病を予防

川柳講座25人が楽しむ

分身ロボで就労支援

分身ロボで就労支援

障がい者の新しい働き方

5月30日

「お稚児さん」募集

「お稚児さん」募集

亀ヶ池八幡宮

5月30日

旬な「鮎」の一夜干し

6月1日から販売開始 城山商工会

旬な「鮎」の一夜干し

sagamixでも販売

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.69

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

    5月30日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook