さがみはら中央区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

相模原市立博物館レポvol.11 JAXA連携企画展 リュウグウふしぎ発見! 学芸員 田子智大

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
出発から3年半をかけ、小惑星リュウグウに到着した「はやぶさ2」
出発から3年半をかけ、小惑星リュウグウに到着した「はやぶさ2」

 今年の6月27日、ついに小惑星探査機「はやぶさ2」が目的地である小惑星リュウグウに到着し、今まで誰も見たことのなかったその姿が明らかになりました。

 「はやぶさ2」は博物館の向かい側JAXA相模原キャンパス内で開発され、2014年12月3日に種子島宇宙センターから打ち上げられた探査機です。

 その「はやぶさ2」が探査する小惑星リュウグウは1999年5月に発見された小惑星で、地球に接近する公転軌道を持っています。また、地上観測の結果から炭素や水などを多く含むC型の小惑星であることなどが推定されていました。そして発見後、1999JU3という仮符号で呼ばれていたこの小惑星は、「はやぶさ2」が小惑星のサンプルが入ったカプセルを地球へ持ち帰ることが、昔話の浦島太郎が竜宮城から玉手箱を持ち帰ることと重なることや、水を含む岩石があると期待されており、水を想起させる名称案であることなどから2015年9月28日に“リュウグウ”という名前がつきました。

 今回の企画展では「はやぶさ2」ミッションだけでなく、日本の太陽系探査を支える機器や今年10月に打ち上げが予定されている水星磁気圏探査機「みお」をはじめとするこれからの探査計画についても紹介します。

 また、東京工業大学附属科学技術高等学校科学部の生徒さんたちが制作したスゴロクで「はやぶさ2」ミッションについて知ることのできる「スゴはや2」の体験コーナーや、リュウグウ想像コンテストの応募作品展示など、大人から子どもまで、「はやぶさ2」を知っている人も知らなかった人も楽しめる内容となっていると自負しておりますので、皆様のご来館を心よりお待ちしております。

 企画展の展示は7月21日(土)から9月2日(日)まで(8月13日を除く月曜は休館)です。会期中の7月27日(金)・28日(土)はJAXA相模原キャンパス特別公開が開催され、8月には2つの関連事業を開催します。ぜひ併せてお楽しみください。

■相模原市立博物館【電話】042・750・8030

※このコーナーは不定期での掲載です
 

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

さがみはら中央区版のコラム最新6

準抗告と相模原市民の被る不利益

相模原の司法を考える【13】 連載

準抗告と相模原市民の被る不利益

寄稿 池田達彦弁護士

6月30日号

「相模原で労働審判受けられないの?」

相模原の司法を考える【12】 連載

「相模原で労働審判受けられないの?」

寄稿 藤田寛之弁護士

5月26日号

「接骨」からSDGs貢献

知られざる地下の生きものたち

相模原市立博物館レポvol.27

知られざる地下の生きものたち

舘野鴻絵本原画展「がろあむし 描かれた相模原の自然」 生物担当学芸員 秋山幸也

5月12日号

相模原の「司法」を考える

【11】実際に不利益を受けた方の声 連載

相模原の「司法」を考える

寄稿 多湖翔弁護士

4月28日号

相模原の「司法」を考える

【10】合議制裁判がないことの不利益 連載

相模原の「司法」を考える

寄稿 多湖翔弁護士

3月17日号

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook