さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

若者集う「映える」西門に 27日から再生イベント

社会

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena
立川さん(左)と「ウタイスト」の瀧澤克成さん(中央)、バルーンアートを手掛ける竹田望稔さん
立川さん(左)と「ウタイスト」の瀧澤克成さん(中央)、バルーンアートを手掛ける竹田望稔さん

 西門商店街に再び活気を取り戻そうと、このほど「一万人の西門プロジェクト」(立川芽衣代表)が立ち上がった。10月27日(土)にはその第1弾として、ハロウィンイベントを開催。西門が、若者が集い様々な活動を展開する拠点となるよう、立川さんらと地元がタッグを組み、ユニークな企画を仕掛けていく。

 以前は、買い物客で市内屈指のにぎわいを見せていた西門商店街。だが近年は、大型スーパーやコンビニの進出、店主の高齢化などで「シャッター街」と化してしまっている。そんな西門を再生しようと今回立ち上がったのが、立川さんを中心に発足した同プロジェクトだ。立川さんは以前から西門に買い物客として頻繁に訪れ、「会話をしながら買い物が楽しめる、市内唯一のアーケード街」として大きな魅力を感じていた。そこで、自身の仕事の拠点を西門に移し、再びにぎわいを創出するための提案を地元・(一社)西門商店街(浦上裕史会長)に直談判。商店街側も提案を受け入れ、再生に向けて一歩を踏み出した。

 プロジェクトの第1弾となるイベント「Octoberfest ハロウィンまつり」では、市内で活動する音楽グループ「ウタイスト」がライブを行うほか、バルーンアートをLEDで照らすことで、西門を「インスタ映え」するように装飾するなど、様々な企画を催す。

 今後は、これを皮切りに月に1回程度イベントの開催を継続しつつ、アーケードにイルミネーションを施すなどして、若者が注目し、集い、各々の活動を自由に展開できる場となるよう仕掛け、人が集まる町の再形成をめざす。現在、プロジェクトでは活動資金を集めるため、クラウドファンディングを行いながら、商店街や自治会らと協力し準備を進行中。イベントの詳細は【URL】https://faavo.jp/kanagawa/project/3126へ。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

「脱プラ」小山から発信

「脱プラ」小山から発信 社会

野菜の裸売りで、まず一歩

10月10日号

市民反対受け撤回へ

「冒険の森」に駐車場拡張

市民反対受け撤回へ 社会

代替地目途も一因か

10月3日号

K-1アマ初Ⅴ&MVP

市内小6須田煌大君

K-1アマ初Ⅴ&MVP スポーツ

目標は「無敗の世界王者」

10月3日号

同性カップル公的承認へ

相模原市

同性カップル公的承認へ 社会

パートナー制度、意見募集

9月26日号

29年の歴史 30日に幕

伊勢丹相模原店

29年の歴史 30日に幕 経済

「閉店後」にも関心高まる

9月26日号

SDGsフェス初開催

相模原JC

SDGsフェス初開催 文化

機運醸成へ 表彰や討論会

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク