さがみはら中央区版 掲載号:2019年1月17日号 エリアトップへ

市薬剤師会として27日に初開催する「アンチ・ドーピング」がテーマのイベントを企画した 神原 大輔さん すすき野町在住 41歳

掲載号:2019年1月17日号

  • LINE
  • hatena

健康と笑顔守る薬剤師

 ○…今や手軽に使用できる薬やサプリが増え、ネットで簡単に薬を輸入できる時代。「うっかりドーピング」はトップアスリートだけの問題ではなくなっていることから、市民向けに「アンチ・ドーピング」をテーマにした公開シンポジウムを企画した。子どもも含めスポーツを楽しむ全ての人にドーピングに対する関心を持って貰えるよう草の根から機運を高める。

 ○…薬局を営む家に生まれ育ち、幼少の頃から薬剤師になって、家を継ぐだろうと何となく考えていた。その思いを強くしたのは、大学受験のために通った予備校。同じく医師や薬剤師の家に生まれ、何としてもその道に進もうと励む同志たちと共に朝から晩まで机に向かう中で「薬剤師になる」意を固めた。現在は、実家の薬局で、健康相談に応えつつ世間話を交えながらちょっとした悩みを聞くことで来た人を笑顔にする地域の頼れる薬剤師をめざし奮闘中だ。

 ○…妻と息子、娘の4人家族。妻は生年月日が同じ小・中学校時代の同級生で同じく薬剤師。学生時代に特別交友があった訳ではなく、大学卒業後に勤めた先で偶然出会った運命の人だ。「自分の家庭が幸せじゃないと人を笑顔にできないですよね」。忙しい日々が続くが、家族との時間を増やしたいとはにかむ。

 ○…薬剤師が活動する場は広い。アンチ・ドーピング規則に関する知識を持つ薬剤師・スポーツファーマシストや、学校の給食・プールの検査、薬物乱用防止啓発など、その活動は多岐にわたるが、知られていないことも多く「薬を渡しているだけ」と揶揄する声も聞く。だからこそ今後も今回のイベントを含め、様々な活動を通した薬剤師の認知度向上に力を入れる気概だ。市内に頼れる薬屋さんが増えることを願って。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

大山 孝さん

清新地区スポーツ推進委員として文部科学大臣表彰を受けた

大山 孝さん

清新在住 67歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

緑区東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

緑区橋本在住 24歳

2月6日号

牧瀬 稔さん

「シビックプライドの推進に関する検討委員会」の委員長を務める

牧瀬 稔さん

緑区橋本在住 45歳

1月30日号

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿(こざる)」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

1月23日号

糸賀 英恵(はなえ)さん

平塚市美術館で「糸賀英恵展―うつろいのかたち」を開催している

糸賀 英恵(はなえ)さん

上溝在住 41歳

1月16日号

市川 雄士さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した

市川 雄士さん

緑区在住 36歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク