さがみはら中央区版 掲載号:2019年3月7日号 エリアトップへ

鹿沼公園などの再整備 市民検討会が発足

社会

掲載号:2019年3月7日号

  • LINE
  • hatena
検討会の前に行われた委嘱式=2日、市立図書館会議室
検討会の前に行われた委嘱式=2日、市立図書館会議室

 淵野辺駅南口周辺の再整備について、課題解決に向けて市民や有識者らで議論し合うための市民検討会が2日発足し、市立図書館で初会合が開催された。

 鹿沼公園を中心とする同駅南口周辺の再整備については、市民意見が反映されずに協議が進行しているといった点をめぐり再整備への反対意見が説明会などで相次いだほか、パブリックコメントにも進行の仕方について意見が多数寄せられたのを踏まえ、市は進行の手順を再考。市民による検討会を設置し、期限を設定しない協議運営で広く意見を集めながら基本計画の策定をめざすことになった。

 これまでの題目も変え、「次世代に引き継ぐ淵野辺駅南口周辺のまちづくり」と銘打って取り組みをスタートさせた。協議は、大学教授ら有識者7人による有識者協議会(会長・鈴木眞理青山学院大学教授)と、公募委員6人を含む30人で構成される市民検討会の2つの組織で進められる。会は「まちづくり」「公共施設」「公園」の3つのグループに分かれ、各課題に加えて整備についての複数のパターンを検討し、施設、公園、土地活用の具体的な手法を掘り下げていく。有識者もそれぞれのグループに配置され、アドバイザー役となって専門的知見から助言していく。

 委員の委嘱式後に行われた第1回の会合では、議論を進める上での参考として、市担当者が淵野辺に関わる地域課題を挙げるなど現状認識を再確認。グループ別に実施された検討では、委員の自己紹介や淵野辺について意見が交わされた。今後は検討の進ちょく状況を加味しながら、2カ月に1回ほどのペースで開催される見通しだ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

意識的な行動が「可能性」を生む

SDGs特別座談会

意識的な行動が「可能性」を生む 社会

相模原JC宇田川理事長×さがまち学生

9月19日号

世界の子どもに教育を

藤野から発信するSDGs

世界の子どもに教育を 社会

Class for Everyone 高濱代表

9月19日号

市民一つに、「まずは普及を」

インタビュー

市民一つに、「まずは普及を」 社会

市企画財政局 石井光行局長

9月19日号

大相撲観戦券プレゼント

大相撲観戦券プレゼント 社会

本紙読者3組6名様

9月19日号

不動産取引の無料相談会

不動産取引の無料相談会 社会

29日 宅建協会事務所

9月19日号

喜び「満点」得々交換会

喜び「満点」得々交換会 社会

キララカードが商品に

9月19日号

嬉しさ「満点」 得々交換会

嬉しさ「満点」 得々交換会 社会

キララカードが商品に

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク