さがみはら中央区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

大野変えた「地域の顔」 伊勢丹、30年に幕

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
中田克己さん(58)=相模大野駅コリドー通りで相模大野駅周辺商店会連合会長相模大野の「すし魚菜かつまさ」代表取締役で、同地に住んで約30年。連合会長として伊勢丹相模原店とともに活気あるまちづくりに取組んでいる
中田克己さん(58)=相模大野駅コリドー通りで相模大野駅周辺商店会連合会長相模大野の「すし魚菜かつまさ」代表取締役で、同地に住んで約30年。連合会長として伊勢丹相模原店とともに活気あるまちづくりに取組んでいる

 市内唯一の百貨店として長らく親しまれてきた伊勢丹相模原店。同館は今年9月、惜しまれつつ閉館することが決まっている。買い物や市民の憩いの場として、同館は平成の約30年にわたり「相模原の顔」だった。

 同館はバブル景気が続く1990年、米陸軍医療センターの跡地に開館。当時の相模大野はまだ駅ビルもなく、古い町並みを残した地域だったが、大手百貨店である伊勢丹の出店で町は大きく生まれ変わっていった。

 相模大野駅周辺商店会連合会の会長を務める中田克己さん(58)は、相模大野の町の変遷を目にしてきた一人。伊勢丹の開館と同時期に相模大野で飲食店を開業した中田さんは、当時の相模大野について「伊勢丹ができて町の雰囲気が変わった。新しく人の流れも生まれて活気が出た」と振り返る。開館の翌年には、同館を舞台にしたTBSのテレビドラマ「デパート!夏物語」が放送されて地名度が高まり、人気に拍車をかけた。

 地域商業の核を担ってきた同館は、相模大野の地に根差した百貨店でもあった。ハロウィンフェスティバルやもんじぇ祭りなど、地域の催しには積極的に協力。さらに地元の商店街と共同で買い物用のポイントカードを作成するなど、地域と手を取り合い、町全体に人を呼び込むための取り組みを率先して行ってきた。

「無くてはならない存在」

 一方、大型ショッピングモールやネット通販などとの競争の激化、買い物客のライフスタイルの変化などから、百貨店は全国で徐々に衰退。同館も例外ではなく、来店客数は次第に減っていった。こうした中、隣地に増設されていたA館とB館が2016年に閉館。その後、本館のみで営業を続けていたが、昨年9月、府中店とともに閉館することが発表された。「噂は出ていたけどまさか本当に閉館するとは。伊勢丹は遠くからも町に人を呼んでくれて、無くてはならない存在だった。驚いたしショックだった」と率直に話した中田さん。発表の翌日には館長らとあいさつを交わしたといい、同館のスタッフらも驚きを隠せない様子だったという。

 閉館後の跡地利用については現在、関係者の間で協議が進められている。伊勢丹閉館後のまちづくりをどう進めていくべきか。商店街で思案しているという中田さんは、「新たな核になるものを市民と協力して検討してほしい」と願いを込めた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

名物ハンバーグ 宇宙到達

名物ハンバーグ 宇宙到達 社会

「ホリエモンロケット」に搭載

5月23日号

理想の暮らしを描くこと

理想の暮らしを描くこと 社会

専門家に聞く家選びのヒント

5月23日号

よしもと芸人来たる

よしもと芸人来たる 文化

7月27日お笑いまつり

5月23日号

「悪徳」事例を熱演

「悪徳」事例を熱演 社会

弥栄中生が呼びかけ

5月23日号

待機児童 8人に大幅減

待機児童 8人に大幅減 社会

申込み最多 「保留」は微増

5月23日号

「バカでもできる行動力」

「バカでもできる行動力」 教育

JC主催 杉村氏講演会

5月23日号

介護現場のリアルを語る

介護現場のリアルを語る 社会

若手によるシンポジウム

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク