さがみはら中央区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

高校野球春季関東大会 東海大相模が初制覇 「タテジマ対決」決勝制す

スポーツ

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
大会を通じて活躍した金城飛龍内野手
大会を通じて活躍した金城飛龍内野手

 高校野球の第71回春季関東大会の決勝戦が23日に埼玉県営大宮公園野球場で行われ、区内相南の東海大相模が東海大菅生(東京)を7―3で破り優勝を果たした。春夏合わせて4度の全国制覇を誇る同校だが、春季関東大会の優勝は22度目の出場で初めてとなる。

 東海大相模は先月行われた神奈川大会を順当に勝ち上がり、準決勝で鎌倉学園を4―1、決勝も桐光学園を6―2で下し優勝。神奈川1位で関東大会出場を決めた。

 18日に開幕した関東大会では、1回戦で木更津総合(千葉)に4―3で勝利。続く2回戦も前橋育英(群馬)を7―6、準々決勝も浦和実業(埼玉)を8―1で破り、準決勝に駒を進めた。山村学園(埼玉)との準決勝は息詰まる投手戦となり1―1のまま延長戦に。延長10回、2番金城飛龍の適時三塁打などで東海大相模が3点を挙げ、そのまま4―1で勝利した。

 東海大菅生(東京)との決勝は東海大学の系列校同士による「タテジマ対決」。1番鵜沼魁斗が先頭打者本塁打を放ちチームに勢いをつけると、適時打と犠飛も出て初回に3点を先制した。その後も打線がつながり、14安打の猛攻で7点を奪取。投げては4投手の継投で相手に主導権を与えることなく7―3で勝利した。

 初優勝にも控えめに喜んだ選手たち。門馬敬治監督は「関東大会の優勝以上に、すぐに夏の大会が始まるという意識の方が強いと決勝戦後に選手に伝えました。今大会でもミスが多くあり、夏に向けて課題がまだまだあると思っています。残り少ない時間を有意義に使えるよう選手と共に努力していきます」と話した。

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

視線計測装置を本格導入

発達障害支援センター

視線計測装置を本格導入 社会

県内初 適切な療育に有効

11月14日号

握りずし 届け続けて50年

握りずし 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

世界的名将、施設に太鼓判

市とJAXAが連携協定

ホーム最終節 勝利飾れず

ノジマステラ神奈川相模原

ホーム最終節 勝利飾れず スポーツ

サポーターに支援を感謝

10月31日号

消費者の発想 企業経営に

新サービス始動

消費者の発想 企業経営に 社会

オンラインで知恵を提供

10月31日号

台風19号、被害明らかに

台風19号、被害明らかに 社会

津久井地域の住民に聞く

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク