さがみはら中央区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

相模原市立博物館レポvol.15 闇が保つ都市の生物多様性 生物担当学芸員 秋山幸也

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
センサーカメラに写ったアナグマ
センサーカメラに写ったアナグマ

 市立博物館のまわりには、樹林が広がっています。半世紀余り放置されて成立したミズキ林が中心で、それほど年季の入った自然の樹林ではありません。博物館ではこの樹林に、数年前からセンサーカメラを仕掛けて、動物の生息調査を行っています。センサーカメラとは、赤外線を感知して撮影のスイッチが入る仕組みのカメラで、無人撮影カメラとも呼ばれます。

 さて、このセンサーカメラによって、哺乳類は何種類確認されたでしょう?タヌキとかハクビシンは想像できるかもしれませんが、ほかにどんな動物が写っていたのかというと・・。答えは、この2種に加えて、アカネズミ、アライグマ、アナグマ、イタチ、ネコの5種、合計7種です。広い樹林の中とはいえ、この人口密集地の中に、アナグマやイタチが生息していたのは、正直言って私自身驚きました。

 これだけではありません。センサーカメラに写りにくいけれど、目視などで生息を確認できているアブラコウモリとアズマモグラを加えると、哺乳類だけで9種類になります。私たちは普段、こうした動物たちが身近に生息していることになかなか気付きません。その理由の一つは、彼らの多くが夜行性の生活を送っているためなのです。

 博物館では7月7日(日)まで、企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」を開催中です。センサーカメラの映像や、そこに写る動物たちのはく製などをたくさん展示して、闇の世界に生きる野生動物たちの生き生きとした姿をご紹介しています。

 闇は今、私たちの社会から排除されようとしているものかもしれません。しかし、都市環境の生物多様性を保つカギの一つは、闇の存在です。闇は人間と野生生物の距離感を、実際以上に保ってくれるものです。都市環境のパラレルワールド、闇に生きる生きものの世界を博物館で体感してみませんか。

 ■相模原市立博物館【電話】042・750・8030
 

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のコラム最新6

「相模原で労働審判受けられないの?」

相模原の司法を考える【12】 連載

「相模原で労働審判受けられないの?」

寄稿 藤田寛之弁護士

5月26日号

「接骨」からSDGs貢献

知られざる地下の生きものたち

相模原市立博物館レポvol.27

知られざる地下の生きものたち

舘野鴻絵本原画展「がろあむし 描かれた相模原の自然」 生物担当学芸員 秋山幸也

5月12日号

相模原の「司法」を考える

【11】実際に不利益を受けた方の声 連載

相模原の「司法」を考える

寄稿 多湖翔弁護士

4月28日号

相模原の「司法」を考える

【10】合議制裁判がないことの不利益 連載

相模原の「司法」を考える

寄稿 多湖翔弁護士

3月17日号

古代の開発を探る

相模原市立博物館レポvol.26

古代の開発を探る

考古企画展「古代相模原台地の開発」 考古担当学芸員 長澤有史

2月10日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook