さがみはら中央区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

LCA国際小6年生 岡島さんが国連英検合格 児童では全国で1人

教育

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena

 日本国際連合協会が主催する「国際連合公用語英語検定試験」(国連英検)で2番目の難度となるA級に、LCA国際小学校(緑区)の岡島花蓮さん(南区在住/12歳)が合格した。今回A級に合格した児童は岡島さんのみで、同校は「英語の能力だけでなく国連に関する深い知識を問われるため、難しい資格のひとつ。英語教育に力を入れている本校でも合格は初めて」と話している。

 同試験は国連普及活動の一環として実施されている。岡島さんが合格したA級は英検1級やTOEIC900点以上に値すると言われており、一次試験では文法問題のほかに作文も出題。二次試験では国際情勢に関する知識を問われる面接、討論が課されている。

2度目の挑戦

 岡島さんは帰国子女ではないが、幼少期から家庭で英語の本を読み聞かせしてもらうなどして語学に親しんできた。3歳から同校のプリスクールに通い、5歳の時に英検3級に一度目で合格。小学4年生の時には英検1級を取得した。

 英検を通じて国際社会に興味を持つようになった岡島さんは、国際情勢の勉強も兼ねて国連英検の受験を決意。「英語の学習が趣味」という言葉通り、学校から帰宅すると単語帳をめくり、イギリスBBCラジオを聴き耳を慣れさせた。休日は母の晶子さんと英字新聞の1面を読み、討論するなど熱心に取り組んだ。

 昨年の5月に同試験の最難関となる特A級と、2番目の難度のA級を受験。両級とも点数が足りず、1次試験で不合格となった。文法や語彙を徹底的に復習した岡島さんは、10月に挑んだ受験ではA級の一次試験を突破し、12月に行われた二次試験も合格。特A級は規定の点数にあと1点届かず、一次試験で涙をのんだ。現在は今年行われる同試験に向け、対策に臨んでいる。

 同試験を通じ、「国連関連の仕事か国際弁護士になりたい」という夢を持った岡島さん。「難しくても理解できるとうれしい。合格できてよかった」と笑顔を見せた。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

市内飲食、宿泊業がタッグ

市内飲食、宿泊業がタッグ 社会

新団体設立へ 発言力強化

9月24日号

スパゲティを新名物に

スパゲティを新名物に 社会

相模原青年会議所が開発

9月24日号

宇宙通じ夢創出へ新組織

地元有志

宇宙通じ夢創出へ新組織 社会

JAXAとの交流を深化

9月17日号

米国の映画賞受賞

淵野辺出身杉岡太樹監督

米国の映画賞受賞 文化

ドキュメンタリー作品で

9月17日号

中3生へ「最高の思い出に」

サッカードリームマッチ

中3生へ「最高の思い出に」 スポーツ

元日本代表との対戦実現

9月10日号

展示大凧 初の修復

相模の大凧センター

展示大凧 初の修復 文化

密を避け和紙を張替え

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク