さがみはら中央区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

医療従事者に支援金 コロナ対応に5千万円

社会

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、未知のウイルスと戦っている市内の民間医療機関・従事者の取り組みを応援するため、市はこのほど「新型コロナウイルス感染症臨時危険手当支給制度」を創設した。

 これは4月から受け付けを開始し、現在約1億3千万円が集まっている「新型コロナウイルス感染症対策支援寄附金」を利用するもので、5000万円の市予算を計上している。コロナ対応により各医療機関が設けている危険手当の制度を補助する形で支援し、一人当たり月額上限2万円が支給される。支給は4月1日から9月30日までの期間で予定されている。

 対象となるのは新型コロナウイルス感染症患者との接触機会が多い、または長期にわたって接触している医療機関となる。具体的な対象医療機関は、第二種感染症指定医療機関(相模原協同病院)、特定機能病院(北里大学病院)、帰国者・接触者外来実施医療機関(複数・非公開)、一般病床で感染患者を受け入れる市の独自施策協力病院(同)。対象となる医療スタッフは、医師、看護師、薬剤師、診療放射線技師、臨床工学技士など。PCR検査センターも対象として検討されている。

 担当の医療政策課では「市民の健康を守るため、新型コロナウイルス感染症の恐怖と戦いながら医療活動に従事していただいている皆さまに、感謝や応援の気持ちを届けたい」と話している。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook