さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月2日号 エリアトップへ

(公社)神奈川県宅地建物取引業協会の第11代会長に就任した 草間 時彦さん 横須賀市在住 62歳

掲載号:2020年7月2日号

  • LINE
  • hatena

消費者目線貫き信頼築く

 ○…建設業、不動産業を経て独立し、1987年に県宅建協会に入会した。2008年から理事を2期4年務めた後、支部長を4期務める傍ら常務理事、副会長を3期務め、今回、坂本久前会長の退任に伴い会長に就任した。さまざまな事業に着手したいところだが、例年とは違うコロナ禍の現状。運営については「まずは会員や協会職員の健康を守る」を第一に努める覚悟だ。

 ○…三浦市生まれの横須賀育ち。親類の建設会社を手伝ううちに不動産業者と出会い転職。夢を売る仕事、顧客との縁に魅力を感じた。消費者目線に徹した応対をモットーとし、物件に短所があれば正直に伝え、納得した上で購入してもらう。そんな誠実さで顧客との信頼を築いてきた。11年には横須賀市内の4・3ヘクタールの宅地を開発したプロジェクト「よこすか森崎リアンシティ」の中心的役割を担い、事業の成功に貢献した実力者でもある。

 ○…夫婦で二人暮らし。妻との旅行が楽しみ。行先は国内外を問わないが、毎年正月になると決まって海外へ。共にゴルフを楽しんだり、美味しい物の食べ歩きをしてリフレッシュする。それが今回のコロナ禍中。「来年は行けるかな」と収束を願う。

 ○…今後の展開として、デジタル化を加速させるなど業務の効率化を図る考えだ。社会情勢や経営環境、住宅環境の変化にも対応するようITCを活用した事業環境の改善に力を注ぐとともに、会全体では地域密着の強みを生かした支援も模索する。そして何より、「(宅建協会の)ハトマークなら安心だと思ってもらえるように全力を尽くす」と意気込む。消費者目線を貫き、リベラルな発想をもって激動の時代に敢然と立ち向かう。
 

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

南橋本在住 46歳

10月21日号

郡家 光英さん

西門商店街でコスプレイベントを開催する

郡家 光英さん

東京都在住 30歳

10月14日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月7日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

9月30日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月23日号

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

向陽町在住 43歳

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook