さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

全国一斉、花火が上がる 24日、午後8時から1分半

社会

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena
相模原JCの瀬尾さん
相模原JCの瀬尾さん

 国内の青年経済人で構成される公益社団法人日本青年会議所(以下JC)が7月24日(金)、新型コロナウイルスの影響で落ち込む経済や人々の感情の復興を願い、「全国一斉花火プロジェクト〜はじまりの花火〜」と題して47都道府県で一斉に打ち上げ花火を実施する。市内でも相模原JCが大輪を打ち上げる。

 実施日の7月24日は、感染症の影響による延期がなければ東京2020五輪の開会式が行われる予定だった。日本JCではこの日を「新たな日本のはじまりの日」と位置づけ、経済や国民感情の復興に向けた「はじまり」の合図として午後8時に花火を打ち上げる。

 全国で活動するJCが各地域で打ち上げを担当。県内21JCのうち、神奈川会場として相模原と小田原がそれぞれの地域で企画に参加する。

 相模原は、約1分半で4〜2号玉を65発程度打ち上げる。密接・密集・密閉を避けるため、場所は非公開。打ち上げは緑区大島の相模煙火店が協力する。豪雨や強風時は中止となる。

 相模原JCの事業担当者である瀬尾佳織さんは「連日コロナ報道ばかりで明るいニュースがあまりない。行動が制限されると気持ちもふさぎ込んでしまう。花火で明るい気持ちになってもらえたら」と話している。

 花火の企画では、6月1日に全国の花火師有志が感染症終息を願い全国一斉に打ち上げている。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

老若男女にぎわう風物詩

SC、京都に敗戦

サッカーJ2

SC、京都に敗戦 スポーツ

ユーリが得点も届かず

10月14日号

地域の鎮守 村富神社

矢部を見守り348年

地域の鎮守 村富神社 文化

10月14日号

農業体験「大きく育ったね」

農業体験「大きく育ったね」 文化

ビレッジ若あゆで稲刈り

10月14日号

「4R」で循環型社会へ

「4R」で循環型社会へ 社会

10月末までキャンペーン

10月14日号

ライズ、開幕から3連敗

ライズ、開幕から3連敗 スポーツ

オービックを前に沈む

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook