さがみはら中央区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

「虐待少しでも減らしたい」 和泉短大生がリボン寄付

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

 児童福祉学科を置く和泉短期大学(青葉/伊藤忠彦理事長)は10月30日、学生が手がけたオレンジリボンおよそ1000個を市に寄付した。

 保育現場での実習や子育てひろばの運営など、日ごろから子どもと接する機会の多い同大。2009年からオレンジリボン運動に賛同し、市内の関係団体と協力して手づくりしたリボンを街頭配布しているが、今年は新型コロナの影響を受け中止に。それでも、分散登校が続く中「少しでも虐待を減らしたい」という思いから、児童福祉学科の1年生約30人が授業の合間を縫ってオレンジリボンを作製した。

 当日、本村賢太郎市長にオレンジリボンを手渡した上坂美友さんが「児童虐待を少しでも減らしたい。子どもが暮らしやすい社会にしたい」と話すと、鷹尾未来さんは「リボンを受け取った人がお互いに助け合い、子育てのしやすい地域づくりに参加してもらえれば」とリボンに込めた思いを語った。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

全ての人に「美」で幸福を

全ての人に「美」で幸福を 社会

美容室 〜sora〜

4月22日号

矢部で無料学習塾

矢部で無料学習塾 教育

毎土曜 NPO法人が開催

4月22日号

重工、プレーオフ初戦突破

ラグビー

重工、プレーオフ初戦突破 スポーツ

マイケル・リトルが2トライ

4月22日号

日本画を学ぼう

日本画を学ぼう 文化

西門そばで体験型講座

4月22日号

五輪を盛り上げよう

五輪を盛り上げよう スポーツ

2会場でポスター展示

4月22日号

家族で酒米を作ろう

家族で酒米を作ろう 経済

参加募集 青根の田園

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 縄文人の生活を探る 考古企画展

    相模原市立博物館レポvol.22

    縄文人の生活を探る 考古企画展

    「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

    4月22日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter