さがみはら中央区版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

「開業への道は険しいね」 「リニア」見守る地域団体

社会

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena
会長を務める真田さん
会長を務める真田さん

 当初予定されていた2027年の開業は困難との声が聞かれる「リニア中央新幹線」――。そんな状況を歯がゆい思いで見守っているのが、地域住民らで構成される「リニアのまち橋本を育てる会」だ。

 同線の停車駅に「橋本」を選んでもらおうと前身の団体が立ち上がって以来、その進捗を見守ってきた。「橋本に停まることが決まってからは、会の名前を現在のものへと改め、地域の声を開発に当たるJR東海や、新しい町づくりを進める相模原市に伝える役割を担ってきました」と前身の団体から会長を務めてきた真田勉さん。

 現在の状況に対して歯がゆさは隠せないが、会設立以来、JRや市への進捗確認を欠かさず、「停滞」が無いように目を光らせている。「市内の工事は順調に進んでいるという。早く静岡県の理解が得られればね」

原動力は使命感

 原動力となっているのは使命感という。多忙な会社経営の傍らで、関係者の声を拾い、伝聞する重責を担うのは、開業によって橋本地域だけでなく、相模原全体がより元気になると信じているから。孫世代がその恩恵を受けることができると思うと体が勝手に動くのだという。

 「元々、前身の団体から私が会長を務めることになったのは、諸先輩方の中、現在67歳の私だけが開業時に生き残っているだろうから、ということだった」と微笑み、それ以来、開業を見守ることを使命に感じるようになったのだと笑う。

 懸念することがもう1つ。新型コロナだ。その影響でこれまで年に2回程度開いていた、地域とJR、市とのリニアに関する会合が開けないでいる。「早く収束し、みんなでリニア開業に向け、意見を交わし合いたい。開業への道のりは険しいね」

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

古布からエコバッグ製作

相模原JC×内出中学校

古布からエコバッグ製作 文化

「SDGsの意識 広げたい」

5月7日号

ホームゲームの演出刷新

SC相模原

ホームゲームの演出刷新 スポーツ

DeNAのノウハウ生かす

5月7日号

K―1アマで全国3連覇

田名中2年須田煌大さん

K―1アマで全国3連覇 スポーツ

けが乗り越え優勝つかむ

5月7日号

チャンス生み出す スピードスター

チャンス生み出す スピードスター スポーツ

SC相模原 MF星広太

5月7日号

水族館の「裏側」って?

水族館の「裏側」って? 教育

ふれあい科学館でツアー

5月7日号

相模原の「司法」を考える

【4】相模原の市民向け法律相談の変遷 連載

相模原の「司法」を考える 社会

寄稿 大谷豊弁護士

5月7日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter