さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

相模原市立博物館レポvol.20 色々な石展 カラフルな石の世界 地質担当学芸員 河尻清和

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena
縞状鉄鉱層(オーストラリア)=相模原市立博物館提供
縞状鉄鉱層(オーストラリア)=相模原市立博物館提供

 皆さんは石の色と聞いて何色を思い浮かべますか。ビルの石材のようなモノトーンな色合いでしょうか、それとも、宝石のようなきらびやかな色彩でしょうか。宝石はきれいな色をしていますが、私たちの身近にある石については地味な色を想像する方が多いと思います。でも、周りにある石をよく見てみると、いろいろな色をしていることに気付くと思います。例えば、相模川の川原の石を観察してみると、緑、黒、赤茶色など、多彩な色をしています。

 実は石の色はとても複雑です。同じ種類の石でも、違う色をしている場合も多くあります。水晶は普通は無色透明ですが、黒、紫、薄黄色のものもあります。エメラルドとアクアマリンはどちらも緑柱石と呼ばれる同じ鉱物ですが、緑色のものをエメラルド、水色のものをアクアマリンと呼んでいます。

 一つの石の中で部分によって色が違っているものもたくさんあります。単純に一つの色で表現できる石の方が少ないくらいです。リチア電気石は一つの結晶の中で部分によって色が違っている場合が多い鉱物です。中心部が赤色で周囲が緑色のリチア電気石はウォーターメロン(英語でスイカの意味)と呼ばれており、そのほかの色の取り合わせもあります。また、縞状鉄鉱層と呼ばれる石は、赤・金・黒の縞模様がみられます。赤色の部分はチャート、金色の部分は虎目石、黒い部分は鉄鉱石です。このように異なる石が集まって、一つの石を構成していることもあります。

 今回の展示では、石たちを、透明、白、黒、赤、青など、色ごとに分けて紹介し、最後に一つの色では表現できない石を紹介しています。色に着目して石を見ることにより、普段は気にしていなかった石の魅力に触れることができるかもしれません。意外とカラフルな石の世界をお楽しみください。

 展示は1月31日(日)まで開催中。皆様のご来館をお待ちしております。

※博物館および企画展の日程は状況により変更になる場合もあります。来館前に最新情報をHPや電話でご確認ください。

■相模原市立博物館【電話】042・750・8030
 

さがみはら中央区版のコラム最新6

 縄文世界を見に行こう!

相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

 縄文世界を見に行こう!

「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

10月21日号

相模原の「司法」を考える

【7】相模原司法制度改革懇話会の発足 連載

相模原の「司法」を考える 社会

寄稿 大谷豊弁護士

8月26日号

「地域共生社会」めざす

「地域共生社会」めざす 社会

社会福祉法人相模福祉村

8月26日号

縄文人の生活を探る 考古企画展

相模原市立博物館レポvol.22

縄文人の生活を探る 考古企画展

「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

4月22日号

「相模原をドローンのまちに」

「相模原をドローンのまちに」 社会

株式会社FORT(エアウルフ)

4月1日号

相模原の「司法」を考える

【1】序章 連載

相模原の「司法」を考える 社会

寄稿 大谷豊弁護士

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook