さがみはら中央区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

麻布大学 学生が元「供血犬」を訓練 現在、里親を募集中

社会

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
室内(上)やケージ(右下)での生活、お座り訓練の様子(左下)
室内(上)やケージ(右下)での生活、お座り訓練の様子(左下)

 麻布大学(浅利昌男学長)の介在動物学研究室(菊水健史教授)では実習の一環として、学生たちが「供血犬」として活躍した犬のトレーニングを行っている。

 「供血犬」とは、手術などで血液が必要となった犬に血液を提供する犬のこと。人間と違って動物には血液センターのようなシステムがなく血液は長期保存ができないため、その度ごとに血を提供する犬が必要となる。大きな動物病院などでは供血犬を院内で飼い、その時に備えている。同大学の附属病院でも数頭の供血犬が活躍中だ。

 同研究室の学生たちが今、トレーニングしているのは、3歳の雑種犬・ハチ(オス)。同院では通常、6年ほど供血犬を務めるが、ハチは軽度の基礎疾患が判明し昨年の夏、供血犬を引退した。病により小さい発作を起こす時もあるが、薬を飲むことでコントロールできるという。ハチを新たな飼い主へと譲り渡すためのトレーニングを続けてきた学生の一人、近藤祐生さん(動物応用科学科4年)はハチのことを「元々大人しくて人懐こい犬」と話す。それでも環境の変化から、トイレやケージ内での睡眠や食事、落ち着いた散歩ができるまでには約半年ほどの時間を要した。今はペットシーツでの排尿、「お手・お座り」も問題なくできるように。飯泉佑香さん(同)は「優しい犬なのでいい里親さんが見つかってほしい」と話している。

ハチの里親募集中

 同研究室では現在、ハチの里親を募集中。菊水教授は「供血犬であったハチですが、学生の熱心なトレーニングで家庭犬としてのマナーも学びました。 温かい家庭に迎えていただければ」と呼びかけている。問い合わせはinfo@carazabu.comへメール、または同大学(代表)【電話】042・754・7111へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

オカリナの音色 春彩る

オカリナの音色 春彩る 文化

28日 ランチタイムコン

4月15日号

「溝の朝市」今年初開催

上溝商店街

「溝の朝市」今年初開催 経済

23日からは七福神めぐり

4月15日号

2万年前の遺跡がここに

陽光台1丁目公園

2万年前の遺跡がここに 文化

地元自治会が説明板設置

4月15日号

子どものやる気の育て方

オンラインセミナー

子どものやる気の育て方 教育

5月18日 参加無料

4月15日号

「事故死ゼロ」めざし訴え

「事故死ゼロ」めざし訴え 社会

春の交通安全運動で啓発

4月15日号

「みんなで歌おう」中止に

「みんなで歌おう」中止に 文化

24日予定の会 コロナで

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter