さがみはら中央区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

書家としてふるさとで初の個展を開催した 池田 早苗さん 南区在住 75歳

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

筆を持てる幸せに感謝

 ○…「最初で最後と決めていた」個展を、昨年10月にふるさとの岡山県で開催した。かな作品を中心に約50点を展示。コロナ禍でありながら、親戚や友人、多くの教え子らが足を運んでくれた。50年以上におよぶ書道歴の中で初の個展。「書に関わって生きてきた証。自身の集大成として考えれば、一度できれば充分です」と微笑む。

 ○…高校時代に、書道科教諭に強く勧められたことが書家への一歩となった。大東文化大学時代に本格的に勉強を始め、かな書の大家と言われた熊谷恒子氏、漢字は昭和を代表する書家・松井如流氏に師事した。大学時代に毎日書道展で初入選。卒業後は高校教諭として勤務しながら、両先生の自宅に通い腕を磨いた。結婚、出産により一時は書から離れたものの、現在は相武台の自宅で書道教室を開き、毎日書道展審査会員も務めている。「コロナ下で大変な今の時代に、筆が持てていることが幸せ」と笑う。

 ○…身体を動かしたいと思っていた時、書道仲間と始めたゴルフが一番の趣味。練習では夫が教えてくれず、息子が手取り足取り指導してくれた。今では家族そろってコースを回ることが最高の息抜きになっている。「1年間レッスンに通ってもなかなか上達しない」と苦笑するが、「なんとかスコア100切りをめざしたいの」と目を輝かせる。

 ○…自身が主宰する書道団体「卉香会(きこうかい)」の書展を11月5日から町田市で開く。団体名は師である熊谷氏が名付けてくれた。今回の展示では、昨年の個展で好評を博した自身の作品も展示する予定だ。「集大成の個展が終わっても、書きたい思いは抑えきれない。私にとって生きること=筆を持つこと。書を楽しむ境地に入れたら」

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

中牟田 好江さん

ソレイユさがみで「おはなしお楽しみ会」などの子育て支援を行う

中牟田 好江さん

陽光台在住 71歳

1月20日号

梅津 賢一さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の第57代理事長に1月1日付で就任した

梅津 賢一さん

緑区下九沢在住 38歳

1月13日号

潮田 新太さん

中央区「はたちのつどい」実行委員会の実行委員長を務める

潮田 新太さん

陽光台在住 19歳

1月6日号

前川 莉珠(りず)さん

「松竹 JAPAN GP GIRLS CONTEST」で準グランプリに輝いた

前川 莉珠(りず)さん

相模原市在住 17歳

1月1日号

藤堂 知宏さん(本名:遠藤 弘一さん)

デビュー作となる絵本『ぼくはヒーロー!?』を出版した

藤堂 知宏さん(本名:遠藤 弘一さん)

淵野辺本町在住 54歳

12月23日号

大貫 尚子さん

自身2作目の全国出版となる絵本『たむたむのまほうのことば』を作った

大貫 尚子さん

上溝在住 49歳

12月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook