神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原市トライアル発注 9社10製品が認定受ける

経済

公開:2022年9月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
今年度の認定事業者と本村市長(前列中央)=9月9日、産業会館
今年度の認定事業者と本村市長(前列中央)=9月9日、産業会館

 市内中小企業者の優れた新製品を認定する「相模原市トライアル発注認定制度」の認定式が9月9日、市立産業会館で行われた。13回目となる今年度は9社10製品が認定され、各社の代表者へ認定書が授与された。

新製品を支援

 この制度は、販売開始からおおむね5年以内で「既存の製品とは著しく異なる優れた使用価値を有している」「市場性が見込まれる」など4つの基準を満たした新製品(食品・医薬品・医薬部外品・化粧品を除く)の生産により、新たな事業分野の開拓を図る市内中小企業を認定するもの。市内に事業所を有し、市民税を完納している中小企業者が対象で、認定されると市はホームページ掲載やカタログ作成、展示会への出展など販路拡大を支援するとともに、一部を試験的に購入し、評価する。認定期間は2025年3月31日まで。

 市は10年度に同制度を開始。今年度は10社11製品の応募があり、そのうち9社10製品が認定を受けた。今回の認定を含めて総数は116社164製品となった。

 同日は各社の代表者が集まり、1人ずつ本村賢太郎市長から認定証を授与された。本村市長はあいさつで、「相模原はものづくり産業のまち。今後も中小企業や小規模事業者、商店街を含めて顔の見える関係を進め、官民連携のさまざまな取り組みを行ってまいりたい」と述べた。加えて、「皆さんの技術を世界へ発信できるような環境づくりが必要」とし、事業者の新しいビジネスの可能性を導いていく意向を示した。その後は、市が製作した認定製品のPR動画が放映され、各代表者による今後の展望などが述べられた。

 今年度、新たに認定された事業者は以下の通り。▽有限会社コムテック(廣田正明取締役)中央区▽株式会社エース・E&L(津田博通代表取締役)南区▽株式会社マーク電子(大津恭男代表取締役)緑区▽株式会社ビット・トレード・ワン(阿部行成代表取締役)中央区▽アイフォーコム株式会社(加川広志代表取締役)緑区▽株式会社ユニテックス(小杉恵美代表取締役)南区▽株式会社ブロー(富田涼子代表取締役)中央区▽Ronk株式会社(高山建代表取締役)緑区▽株式会社ネットフィールド(網野通代表取締役)緑区※2製品

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

壮行会で活躍誓う

パリ五輪・パラ

壮行会で活躍誓う

相模原ゆかりの選手ら

7月14日

アゴラ夏号

アゴラ夏号

7月13日

子どものための防災教室

子どものための防災教室

7月27日 横山公民館で

7月12日

「地域に恩返し」

「地域に恩返し」

OHANAの七夕まつり

7月11日

「北里」の偉業を紹介

「北里」の偉業を紹介

 新紙幣記念し銀行で展示

7月11日

毎日食べたい こだわり料理

新施設『ふれあいの杜』訪問レポート【1】

毎日食べたい こだわり料理

話題の「試食付き見学会」へ

7月11日

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です

7月13日 SC相模原のホームゲームで啓発活動を実施(問)相模原市生活福祉課042-851-3170

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kosodate/fukushi/1026643/1006581.html

相模原で30年。

あなたの心を満たす明るい未来をイメージしながら 暮らしの中の「あったらいい」をカタチにしています

https://www.thirty-four.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook