神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

スルガ銀行 自転車振興を後押し 市と連携、独自イベントも

経済

公開:2024年5月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
スルガ銀行代表取締役専務執行役員の戸谷氏と本村市長
スルガ銀行代表取締役専務執行役員の戸谷氏と本村市長

 スルガ銀行が相模原市のサイクルツーリズムを強力に後押し--。相模原市は4月18日、自転車振興に関するパートナーシップ協定を静岡県に本社を置くスルガ銀行(株)と締結した。同行が市内のサイクリングモデルコースについて情報発信するシティプロモーションを実施するほか、モデルコースをPRするイベントを開催するという。

 全国の自治体で現在、地域活性化の1つとして自転車で観光地を巡る「サイクルツーリズム」の取組が広がっている。

 相模原市は東京2020オリンピックの自転車ロードレース競技のコースに選ばれたことを契機に、オリンピックレガシーとしてサイクルツーリズムを推進することを決定。第3次相模原市観光振興計画や相模原市自転車活用推進計画、相模原市スポーツ推進計画で関連する事業を推進していくことを位置付けている。特に緑区は首都圏から程良い距離にありながら豊かな自然を楽しめるとあって多くの自転車愛好家が訪れている。

自転車ローン初の金融機関

 スルガ銀行は2011年、全国の金融機関としては初めてロードバイク購入ローンを商品化。多くの自転車愛好家に利用されたことから、自転車振興の取組に積極的に乗り出すようになったという。現在では専門部署「サイクリングプロジェクト」を設置し、自治体と連携した自転車振興の取組を進めている。神奈川県内では藤沢市や横須賀市などと協定を結んでおり、相模原市は県内の自治体としては6例目。

SNSで魅力発信

 今回の相模原市との協定で実施されるシティプロモーションの取組ではSNSを活用して市内の6つのモデルコースを紹介する。相模原ならではの風景を交えて自転車だからこそ立ち寄れるスポットや地域のおすすめ店なども紹介し、地元の飲食業やサービス業のPRにもつなげる。発信した内容はスルガ銀行のWeb記事にまとめ、SNSで継続的に拡散していくという。

 また7月と11月には一般から参加者を募ってモデルコースを走るイベントを行う計画。コース上のスポットでSNSを活用して現地から生の声を発信し、相模原市のサイクリング環境の魅力を伝える。

 協定の締結式に出席した同行代表取締役専務執行役員コミュニティバンク本部長の戸谷友樹さんは「サイクルツーリズム推進によって地域活力の向上につながるものと信じている。この協定を通じて自転車に携わる皆さんや相模原市との連携を深め、これまでにないスタイルで地域活性化と交流人口の拡大に努めていきたい」と話した。

 本村賢太郎市長は「こうした協定を結ぶことができてよかった。オリンピックのレガシーを生かし、ツアーオブジャパンの誘致に成功した。自転車のまちとして多くの人に訪れてもらい、相模原の素晴らしい自然を知ってもらいたい」などと話した。

サイクリングプロジェクトのウェブサイト
サイクリングプロジェクトのウェブサイト

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

防災強化で「水の確保」

相模原市補正予算案

防災強化で「水の確保」

能登半島地震で課題判明

6月13日

電子書籍 導入は16自治体

本紙独自県内調査

電子書籍 導入は16自治体

蔵書数、利用数に課題も

6月13日

移動販売で高齢者見守り

移動販売で高齢者見守り

団地一画に青空居酒屋も

6月6日

7年ぶり減少も高水準

児童虐待相談人数

7年ぶり減少も高水準

センターへの相談は増加

6月6日

円安で製造・小売悪化

相模原市景況

円安で製造・小売悪化

深刻な人手不足続く

5月30日

16号に出店相次ぐ

キャンピングカー専門店

16号に出店相次ぐ

相模原は好立地?

5月30日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook