さがみはら南区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

女子サッカー ノジマステラも認定 市ホームタウンチームに

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena
左から山内渉代表(ノジマステラ神奈川相模原)、加山俊夫相模原市長、尾山沙希主将(同)、菅野将晃監督兼GM(同)=7日、交付式で
左から山内渉代表(ノジマステラ神奈川相模原)、加山俊夫相模原市長、尾山沙希主将(同)、菅野将晃監督兼GM(同)=7日、交付式で

 相模原市に本拠地を構える女子サッカーチーム『ノジマステラ神奈川相模原』(山内渉(わたる)代表)がこのほど、市内4チーム目となるホームタウンチームに認定された。今シーズンからチーム名に「相模原」を加え、地元感を創出。県内クラブ初となる、なでしこリーグ(1部相当)への昇格を狙っている。

なでしこ昇格めざす

 このホームタウンチーム制度は、相模原市が2012年からスタートしたもの。「観る」「支える」立場から市民にスポーツを親しんでもらおうという取り組み。市内に活動拠点を置き、全国での活躍が期待できる実力あるスポーツ団体を市が認定する。

 現在、SC相模原(サッカー/中央区中央)、三菱重工相模原ダイナボアーズ(ラグビー/田名)、ノジマ相模原ライズ(アメフット/淵野辺)の3チームがホームタウンチームとして活動している。

 ノジマステラ神奈川相模原はデジタル家電製品の販売等を行う『(株)ノジマ』(本社/横浜市)のグループ企業(株)ノジマステラスポーツクラブ(南区新戸)が運営する。2012年2月に設立され、現在日本女子サッカーリーグ・チャレンジリーグ(2部相当)に所属。昨年は同リーグに初挑戦ながら16チーム中4位の成績をおさめた。

 相模原市役所で3月7日、認定証の交付式が行われ、加山俊夫相模原市長は「市の代表として活躍に期待」と激励。山内代表は「地域に必要とされる存在に」と応えた。また、同席した監督兼ゼネラルマネージャーの菅野将晃(かんのまさあき)さんは「なでしこ入りをして、優勝できるように。常に上をめざしていきたい。女子サッカーの普及・育成にも力を入れたい」と抱負を語り、主将の尾山沙希(さき)さんは「チームをもっと知ってもらい、応援してもらえるように努力したい」と話した。

 なお、ノジマステラのチャレンジリーグ開幕戦(第1節)は4月5日(土)、相模原ギオンスタジアム(麻溝台/相模原麻溝公園競技場)でセレッソ大阪堺レディースと戦う。午後1時キックオフ。

 チャレンジリーグは11月までに22節を予定している。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク