さがみはら南区版 掲載号:2016年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

国道16号町田立体 24日朝6時 開通 渋滞緩和に期待

社会

 相模原市と横浜市を結ぶ国道16号の交通渋滞緩和と沿道環境の改善を図るために、2002年度から工事が進められてきた町田市鶴間の「東名入口交差点」立体交差が、4月24日(日)午前6時に開通する。

保土ケ谷バイパス直結

 工事を担当する国土交通省川崎国道事務所によれば、24日に開通するのは町田市鶴間の国道16号・通称「町田立体」で、延長は2・1Km。国道16号と国道246号が交差する東名入口交差点付近を高架化し、横浜市で既に開通している保土ケ谷バイパスと直結する自動車専用道路となる。

 幅員21mの4車線道路で、国道246号の立体交差の上を通るため、最大高は地上約17m。あわせて導入空間確保に向けた国道16号の幅員拡幅も進められている。

 この町田立体事業の都市計画は1969年3月に決定。その後2001年11月に都市計画変更がなされ、翌2002年度に着工された。

 町田市鶴間周辺は慢性的な渋滞地点とされる。国土交通省が2006年度に行った調査によれば、相模原市から国道16号を横浜市に向かう場合、国道246号と交わる東名入口交差点を起点にした最大渋滞長は約3Km、通過時間は28分だった。

居住環境改善にも

 町田立体開通により、南町田北交差点から横浜町田ICまでの所要時間が6分短縮されるという民間企業の試算も出ている。

 また渋滞を避けるため周辺の生活道路へ迂回していた車両の減少も見込まれ、周辺地域の安全性の向上や救急車などの緊急車両のスムーズな往来など居住環境改善の効果も期待される。

 今後は立体部分と東名横浜町田インターを結ぶ連絡路(ランプ)も設けられる予定だ。

 開通当日の24日は、式典などは実施されないという。

着々と開通準備が進む=4月18日撮影
着々と開通準備が進む=4月18日撮影

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

新シーズンへ、決意新たに

SC相模原ノジマステラ

新シーズンへ、決意新たに

2月15日号

高齢者に録音機貸与

区内一般社団法人

高齢者に録音機貸与

2月15日号

「相模原からボート熱を」

南区在住荒川鐡太郎さん

「相模原からボート熱を」

2月8日号

日本人初の快挙達成

ゴルファー山口すず夏さん

日本人初の快挙達成

2月8日号

救急出場件数が過去最多

2017年市消防

救急出場件数が過去最多

2月1日号

7年ぶり「春の選抜」へ

東海大相模

7年ぶり「春の選抜」へ

2月1日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク