さがみはら南区版 掲載号:2020年5月8日号 エリアトップへ

「誇れる街」の実現へ 新設された「市長公室」とは

政治

掲載号:2020年5月8日号

  • LINE
  • hatena
高梨邦彦市長公室長
高梨邦彦市長公室長

 市民が安全に安心して暮らすことができる持続可能な社会の実現、さらに市民が誇れるまちづくりを目指すため、市は4月1日、局に相当する「市長公室」を新設した。どのような職務を行っている部署なのか。2部8課1室1事務所を統括し、職員98人を束ねる高梨邦彦市長公室長(58)に話を聞いた。

 市長公室には総合政策部とシビックプライド推進部、さらに部に所属しない形で秘書課が置かれている。総合政策部には政策課、経営監理課、広域行政課、基地対策課が置かれ、重要政策の立案、総合計画の推進を担う。また、政策課内にSDGs推進室を新設し、政策立案にSDGs(持続可能な開発目標)を盛り込んでいくという。

 一方、シビックプライド推進部には、観光・シティプロモーション課を新設。広聴広報課、オリンピック・パラリンピック推進課、東京事務所も属している。高梨公室長によれば、市長公室の創設は政策機能と広報機能を1つの局が担うことで、政策の企画立案から市民への情報発信までを効果的に行う狙いがあるという。

収束後には条例も

 新たな部署を率いる高梨公室長は1984年入庁。福祉事務所、企画調整課、男女共同参画課などを経て、多くの市民とふれあい対話してきた。東日本大震災の翌年には危機管理室長に就任。各地域の自主防災組織と会合を持つ中で、「自分たちの地域は自分たちで守る。そういう高い意識を持つ市民の方々に大勢出会えた」と話す。

 現在は新型コロナウイルス感染症への対策に全庁を挙げて取り組んでいるため、職員の多くは各課の応援に。収束後には「シビックプライド条例」づくりに着手したいとする。「プロセスを大事にして、市民の皆さんと共につくっていく。地域やまちづくりのために動いてくれる人や団体が増えていくような条例を目指していきたい」と話している。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年、出身者に聞く

5月19日号

3年ぶりに有観客レース

ツアーオブジャパン

3年ぶりに有観客レース スポーツ

5月21日 市内を滑走

5月19日号

ステラ10周年切手を制作

日本郵便南関東支社

ステラ10周年切手を制作 スポーツ

NFPで贈呈式

5月12日号

南区から1人・1団体

春の褒章

南区から1人・1団体 社会

市内では2者のみ

5月12日号

障害児招きサッカー交流

ノジマステラ

障害児招きサッカー交流 スポーツ

2度目のアクションデイ

5月5日号

12年で約2600人減

南区子どもの人口

12年で約2600人減 社会

3区の中では減少幅最小

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook