さがみはら南区版 掲載号:2020年5月8日号 エリアトップへ

「誇れる街」の実現へ 新設された「市長公室」とは

政治

掲載号:2020年5月8日号

  • LINE
  • hatena
高梨邦彦市長公室長
高梨邦彦市長公室長

 市民が安全に安心して暮らすことができる持続可能な社会の実現、さらに市民が誇れるまちづくりを目指すため、市は4月1日、局に相当する「市長公室」を新設した。どのような職務を行っている部署なのか。2部8課1室1事務所を統括し、職員98人を束ねる高梨邦彦市長公室長(58)に話を聞いた。

 市長公室には総合政策部とシビックプライド推進部、さらに部に所属しない形で秘書課が置かれている。総合政策部には政策課、経営監理課、広域行政課、基地対策課が置かれ、重要政策の立案、総合計画の推進を担う。また、政策課内にSDGs推進室を新設し、政策立案にSDGs(持続可能な開発目標)を盛り込んでいくという。

 一方、シビックプライド推進部には、観光・シティプロモーション課を新設。広聴広報課、オリンピック・パラリンピック推進課、東京事務所も属している。高梨公室長によれば、市長公室の創設は政策機能と広報機能を1つの局が担うことで、政策の企画立案から市民への情報発信までを効果的に行う狙いがあるという。

収束後には条例も

 新たな部署を率いる高梨公室長は1984年入庁。福祉事務所、企画調整課、男女共同参画課などを経て、多くの市民とふれあい対話してきた。東日本大震災の翌年には危機管理室長に就任。各地域の自主防災組織と会合を持つ中で、「自分たちの地域は自分たちで守る。そういう高い意識を持つ市民の方々に大勢出会えた」と話す。

 現在は新型コロナウイルス感染症への対策に全庁を挙げて取り組んでいるため、職員の多くは各課の応援に。収束後には「シビックプライド条例」づくりに着手したいとする。「プロセスを大事にして、市民の皆さんと共につくっていく。地域やまちづくりのために動いてくれる人や団体が増えていくような条例を目指していきたい」と話している。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

サインシールを作成

NPO法人相模原アレルギーの会

サインシールを作成 社会

会員以外にも無料で配布

1月28日号

27施設の廃止など検討

市行財政改革案

27施設の廃止など検討 文化

歳出超過の解消へ

1月28日号

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク