さがみはら南区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

市内3社 飛沫防止シールドを開発 飲食店の売上回復に期待

経済

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
シールドを開発、設置した(左から)柴田さん、八木さん、虎石さん
シールドを開発、設置した(左から)柴田さん、八木さん、虎石さん

 新型コロナウイルスの影響により売上が低迷する飲食店の経営立て直しの一助になればと、市内に事業所を構える3社が協力し、飲食店専用の飛沫感染防止シールドを開発した。緊急事態宣言解除後の通常営業を加速させるためにも、利用客に安心感を与え、使い勝手の良さを考慮している。

 感染防止用のシールドを考案・開発したのは、市内企業の酒屋「有限会社ヤギ・リカーズ」(南区古淵)の八木健芳さん、看板広告業「柴田広告社」(中央区田名)の柴田卓さん、飲食店「GOHAN」(緑区橋本)を経営する虎石豊さんの3人。売上が軒並み落ちている話を聞いた八木さんが、飲食店の声を取り入れたシールドを作ろうと決め、商品名を「こうなったのは全部、コロナのせい。」と命名した。

用途に合わせてオーダーメイド

 商品は主にテーブル同士を遮るものとカウンターで隣同士の席を遮るもの、テーブルで対面した場合にお互いを遮るタイプの3種類。素材は透明・色付きのアクリルボードとアルミ複合板の2種類。アルミ複合板は木目調やレンガ調などのデザインやメニューの印刷も可能だ。テーブルやカウンターのサイズに合わせたオーダーメイドで、万力で固定するので強度もあるという。

 ウイルスの感染が拡大した3月からの売上が激減したという虎石さんは「大きいお店ではないので、シールドがあると安心感が得られる。少しでも安心して食事してもらいたい」と話す。八木さんは「飲食店は飛沫感染の温床というイメージがあり敬遠されていた。安全、安心を感じて早く日常を取り戻してほしい」と期待を込める。柴田さんは「着脱ができるので、手入れが簡単で衛生的」と話した。

 価格は60cm×50cmの場合、アルミ複合板3980円から、アクリルボード4980円から(共に税別)。注文方法などはヤギ・リカーズHP(http://yagi-liquors.co.jp/)で。問合せは八木さん【電話】042・756・5230。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

高齢者施設へ接種開始

コロナワクチン市内状況

高齢者施設へ接種開始 社会

集団・個別は5月以降に

4月15日号

芝ざくら 今年で見納め?

芝ざくら 今年で見納め? 社会

管理団体が解散

4月15日号

東海大相模が10年ぶりV

東海大相模が10年ぶりV スポーツ

春の選抜大会制す

4月8日号

ピアノ連弾、高齢者に届け

ピアノ連弾、高齢者に届け 教育

E-girlsがリモート演奏会

4月8日号

認知症の人が輝く場所に

認知症の人が輝く場所に 社会

相武台団地に対応型デイ

4月1日号

「がん患者の声、聞いて」

「がん患者の声、聞いて」 社会

ふくろうの会が体験文集

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter