さがみはら南区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

認知症の人が輝く場所に 相武台団地に対応型デイ

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
相武台団地商店街に開所した「おとなり」と管理者の能勢さん。内装は相模原産木材などを使用し、先進国の研究を参考にデザインされている
相武台団地商店街に開所した「おとなり」と管理者の能勢さん。内装は相模原産木材などを使用し、先進国の研究を参考にデザインされている

 相武台団地内の商店街の一角に、4月1日、認知症対応型デイサービス「おとなり」が開所した。理学療法士が監修する訓練などのほか、通所する人の「得意」や「好き」を活かして、地域課題の解決に取り組んでいくことが特徴となる。施設管理者の能勢光さんは「認知症の人が輝ける場所を目指していきたい」と話している。

 「おとなり」は株式会社ファイブスター(中央区)が運営。神奈川県住宅供給公社の「相武台団地商店街グリーンラウンジ・プロジェクト」にも参画している。認知症の診断を受けた人のみが通所でき、定員は8人。

 同施設では「おとなり活動」と銘打ち、通所者の得意を活かして、相武台団地の困りごと解決にあたってもらう。例えば、大工経験があれば子ども向けのDIY教室を開いたり、農業経験があれば野菜作りの指導をしてもらう。足腰が丈夫な通所者には、ゴミ出しや電球交換などの要望に対応してもらうことも。施設での食事も、得意な通所者と一緒に作る。ただし、何をするかを決定するのは通所者自身。「してもらうだけの施設ではなく、通所者さんが自分らしさを発揮し、笑顔になれる場所にしていきたい」と能勢さんは話す。

 能勢さんは祖父の認知症介護をきっかけに介護の道へ。26歳でデイサービスの管理者となり、以来、現在に至るまで在宅介護に携わってきた。認知症の人の外出の際に、介護者同伴で利用できるトイレを増やし、ステッカーと説明文を掲示する町田市でのプロジェクトではリーダーを務め、NHK厚生文化事業団主催の「認知症とともに生きるまち大賞」で特別賞を受賞している。認知症への理解を深めるため、相模原でも同プロジェクトを進めていく予定だ。

 「地域交流の拠点として学生や商店街とも連携し、地域の課題解決に取り組みたい」と能勢さん。施設見学、家族・友人からの相談も随時受付中。問合せは【電話】046・205・4400へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年、出身者に聞く

5月19日号

3年ぶりに有観客レース

ツアーオブジャパン

3年ぶりに有観客レース スポーツ

5月21日 市内を滑走

5月19日号

ステラ10周年切手を制作

日本郵便南関東支社

ステラ10周年切手を制作 スポーツ

NFPで贈呈式

5月12日号

南区から1人・1団体

春の褒章

南区から1人・1団体 社会

市内では2者のみ

5月12日号

障害児招きサッカー交流

ノジマステラ

障害児招きサッカー交流 コミュニティスポーツ

2度目のアクションデイ

5月5日号

12年で約2600人減

南区子どもの人口

12年で約2600人減 社会

3区の中では減少幅最小

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook