さがみはら緑区版 掲載号:2011年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

奇跡の「はやぶさ」 続々映画化 帰還から1年 主演に渡辺謙さん、竹内結子さんなど豪華な顔ぶれ

「小惑星探査機 はやぶさ―遥かなる帰還―(仮)」で主演を務める渡辺謙さん(左)と「はやぶさ」プロジェクトマネージャーのJAXA・川口淳一郎教授。(東映提供)
「小惑星探査機 はやぶさ―遥かなる帰還―(仮)」で主演を務める渡辺謙さん(左)と「はやぶさ」プロジェクトマネージャーのJAXA・川口淳一郎教授。(東映提供)

 多くの市民に夢と感動を与えた小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが、地球に帰還して一年余り。はやぶさをテーマとした3つの映画制作が続々と決定するなど、はやぶさブームが再燃している。JAXA(宇宙航空研究開発機構)相模原キャンパスなど、市内各所で撮影もスタート。すでに上映されている全天周映画「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」と併せ、来年には様々な視点からのはやぶさが楽しめそうだ。

 制作発表が行われたのは、「はやぶさ/HAYABUSA」(20世紀フォックス)、「小惑星探査機 はやぶさ―遥かなる帰還―(仮)」(東映)、「おかえり、はやぶさ(仮)」(松竹)の3本。

 「はやぶさ/HAYABUSA」は7年間に渡るはやぶさの挑戦と苦闘の日々を、事実に基づいて描き出し、JAXAのスタッフとしてこの偉業の一端を担った主人公が、自らの生き方も見つめ直すというストーリー。主演は竹内結子さんで、10月1日公開予定。23日から市内淵野辺や橋本周辺で撮影が行われている。

 「小惑星探査機 はやぶさ―遥かなる帰還―(仮)」は来年度の公開予定。渡辺謙さんがはやぶさプロジェクトマネージャー川口淳一郎教授を演じる。配給元の東映では「列島を興奮と感動で包んだ、日本の技術力の結晶をスクリーンで甦らせたい」と制作に至った経緯を話しており、すでに20日にクランクインしている。

 他の作品と一線を画する3D実写映画で勝負をかけるのが、「おかえり、はやぶさ(仮)」。本木克英監督が、JAXA全面協力のもとメガホンを執る。

 一方、相模原市立博物館(中央区高根)など全国のプラネタリウム等で上映中の全天周映画「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」は、フルCGドキュメンタリー映画としてリニューアル。角川映画フィルム・インク配給による全国劇場公開が14日にスタートしている。

 JAXAは12日、はやぶさの後継機「はやぶさ2」を2014年に打ち上げると発表。全国を席巻した「はやぶさブーム」は、各地で再び加熱していくこととなりそうだ。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク