さがみはら緑区版 掲載号:2011年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

10周年杜(もり)のホール 優れた響き「プロ好み」 落語、バレエ、演劇、JAZZ…記念公演続々

杜のホールはしもとの来館者数は、のべ130万人を超える。昨年度の来館者数は年間15万人だった。
杜のホールはしもとの来館者数は、のべ130万人を超える。昨年度の来館者数は年間15万人だった。

 橋本駅北口に位置するコンサートホール「杜(もり)のホールはしもと」(緑区橋本/運営=公益財団法人相模原市民文化財団)がこのほど、開館10周年を迎えた。同ホール(ミウィ橋本内)は、駅再開発の一環として平成13年9月に誕生。首都圏南西部における広域交流拠点としての役割を担い、クラシック、演劇を中心とした上質な公演を行ってきた。

 木を基調に設計された「ホール」(=写真/535人収容)は、音響が優れており、出演者からの評価が高い。「音に厳しい」と言われるピアニストの近藤嘉宏さんはレコーディングでこのホールを使ったほどだ。同所ではこれまで辻井伸行さん、小曽根真さん、村治佳織さんら著名ミュージシャンも多数、公演を行なっている。

 また、中規模ホールとしては珍しく、バレエ公演の実績も多い。会場が小さいため、どこからでもダンスの臨場感を味わうことができる。演劇では劇団四季ファミリーミュージカル、劇団二兎社(にとうしゃ)などが公演。故・緒方拳さん、寺島しのぶさん、佐野史郎さんらが舞台にあがっている。

 なお、同財団では古典芸能(落語)にも力を入れており、オリジナルの「若手落語家選手権」を企画。来場者が「面白かった」噺家に1票を入れ、優勝者を決める”二つ目”を対象とした大会で、「将来の大看板を市民で育てよう」と始まったシリーズ。これまで10回開催し、6名が真打に昇進した。

 なお、10周年の記念事業として同ホールでは、大喜利合戦(10/3)、サンクトペテルブルク・バレエ(10/15)、三人姉妹(演劇・11/5)、国府弘子×ケイコ・リー(JAZZ・12/7)などが予定されている。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

上位進出めざし、発進

ノジマステラ神奈川相模原

上位進出めざし、発進

3月15日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

NFLチアに挑戦

元Suns天満谷さん

NFLチアに挑戦

3月8日号

地域で子育て、50年

大沢地区子連

地域で子育て、50年

3月8日号

銃や甲冑、戦国再現

津久井城

銃や甲冑、戦国再現

3月1日号

自治体ポイント導入へ

相模原市

自治体ポイント導入へ

3月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク