さがみはら緑区版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

自立支援 地域の中で 東林間に若者向け

5月に開所したPiece
5月に開所したPiece

 生活保護受給世帯の子ども・若者への支援充実を図るため、市ではこの程、居場所づくり事業を開始した。東林間商店街(南区)の一角にある空き店舗をフリースペースとして利用し、市委託の第三者機関が運営。生活の自立や学校の勉強、進路等身近な悩みについて、自由に相談できる場所となっている。生活保護受給世帯に特化した若者支援は県内でも初。

 「piece」と名付けられた同スペースは、市の委託を受けて、NPO法人文化学習協同ネットワーク(東京都三鷹市)が運営。生活保護世帯の10代後半から20代にかけての若年層を対象とし、先月に開所した。多いときには1日に6人ほどの若者が訪れ、「勉強を教わりたい」という利用者もいれば、お腹をすかせている若者も。「生活の自立」を目指し、食育プログラムにも力を入れている。

 市内の生活保護受給者は8105世帯・1万1983人(平成24年4月市調べ)。昨年、市では生活保護家庭へのヒヤリングを実施。経済状況や行政への要望などの集約にあたった。その中で多かったのが、義務教育期間を終えた若年世代へのサポートを求める声。「家庭や学校では安心して過ごせない」という状況の若者も多く、良好な人間関係を築ける”居場所”の不足が浮き彫りとなった。

社会性の育成に商店街の手伝いも

 現在、Pieceは地元商店街組合にも加盟。「商店街のお手伝いなどを通して、若者たちに地域の方と接する機会を増やしたい」。まずは、近隣の清掃作業などを行う予定で、今後は、社会性を育むボランティア活動などにも積極的に取り組んでいきたい考えだ。

 開所は平日午前10時〜午後7時(水曜は〜4時・木曜は午後2時〜/土日休)。利用無料。問い合わせは【電話】042・851・6895まで。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク